2020ラジオNIKKIE賞〜最終血断〜

本命はコンドゥクシオン。ダイワメジャー産駒の先行力と、母父トニービンの底力、更に母母父にボールドルーラー系が持続力を強化する。新馬戦で同舞台の福島1800を勝ち、中山1勝クラスでも勝ち上がっており、小回り右回りが得意。重馬場成績も文句無し。前走青葉賞での二桁着順が影響し人気が落ちているのも好材料。東京コースの凡走は度外視して良し。

◎コンドゥクシオン

馬券は、◎の単複のみ。

スクリーンショット 2020 07 05 6 20 57

 

■■■結果■■■

勝ったのは、8番人気のバビット。父ナカヤマフェスタ×母父タイキシャトルという一昔前の懐かしい馬の配合。その馬に、旬を過ぎたかと思えるウチパクが乗って勝利。終わってからだから言えるが、やや重の馬場で最内枠の逃げ馬、そして福島勝ちもあったことを考えると十分狙い目があった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。