2020鳴尾記念〜最終血断〜

鳴尾記念は過去に、頭数を絞って予想し見事に嵌ったことが何度かあるレースだ。2016年◎サトノノブレス◯ステファノスの馬連1点や、2018年◎トリコロールブルー◯トリオンフ ▲ストロングタイタンの3連複を1点でゲット。2017年と2019年は外したので、今年2020年はリズム的には当てる年だ。

血統としては、スピード要素を持ちつつもスタミナをも含有する配合を重視する。本命はレッドガラン。父ロードカナロアのスピードに、母父シンボリクリスエスが正にそれ。33秒台の上がり最速も何度か計時しており、高速決着はどんと来い。相手にサトノルークス。母父に重厚なサドラー系を持ったディープ産駒だ。

◎レッドガラン
◯サトノルークス

馬券は、◎の単複と、◎◯馬連一点勝負!

スクリーンショット 2020 06 06 9 36 25

■■■結果■■■

昨年の宝塚と有馬で◎を打ったパフォーマプロミスが10番人気で快勝。これは悔しい。これは取りたかった。ダービージョッキーの福永、乗れてますな。

スタミナとスピードということなら、パフォーマプロミスの父ステイゴールドというだけで、その両方を併せ持っていたな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。