2020青葉賞〜最終血断〜

昨年は1〜4着がトニービン持ち、5着にサドラーズウエルズ持ち、というスタミナ血統で決着。今年も同じスタンスで狙うが、ハーツクライ産駒の2頭はピリッとしないし、サドラー系持ちも居ないので(父・母父・父母父・母母父まで)、ロベルト系にシフトしてみる。大寒桜賞を勝ったエピファネイア産駒のメイショウボサツにまず目が行ったが、鞍上吉田豊ということでパス。今回来たら諦めます。スクリーンヒーロー産駒で、母父シンボリクリスエスのフライライクバードを本命にしかけようとしたところ、なんと1番人気か。うーん。ならばノヴェリスト産駒のヴァルコスではどうか。父ノヴェリストは生粋のドイツ馬。その父モンズンのブランドフォード系は長きにわたって日本競馬のステイヤー血統を支えた重要な血。更にヴァルコスの母父ダンスインザダークと来て、コテコテのスタミナ血統を補強。

◎ヴァルコス

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2020 05 02 10 04 45

■■■結果■■■

◎ヴァルコスが4番人気で2着したのはいいのだが、馬券を買い足してしまってトリガミ。単複のみで買うと決めたらブレてはいかんのですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。