2020アーリントンカップ〜最終血断〜

桜花賞の二番煎じっぽくなるのだが、本命はエピファネイア産駒のノルカソルカ。重馬場で1枠の逃げ馬。タフネスなロベルト系を父に持ち、なおかつ母父ダンスインザダークでスタミナも補完。最後までの逃げ粘りに期待する。

◎ノルカソルカ

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2020 04 18 11 27 37

■■■結果■■■


◎ノルカソルカは、とんでもない大敗。逃げ馬の負けはノーカウントというが流石に負け過ぎ。タートルボウル産駒のタイセイビジョンは強し。NHKマイルカップでも順当に勝ち負け。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。