2020フラワーカップ〜最終血断〜

中山牝馬Sでは父ルーラーシップのフェアリーポルカが勝った。この時期の中山の牝馬にはタフネスさが要求される。ルーラーシップの母父トニービンのスタミナが生きたと見る。フラワーカップでもスタミナ値の要求度が高くなると見て、父ハーツクライ産駒のポレンティアを本命。母系がノーザンダンサー×ボールドルーラーとなっていて、フェアリーポルカの血統構成に似るのも良いのではないか。

◎ポレンティア

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2020 03 20 13 01 31

■■■結果■■■

勝ち馬のアブレイズは、マルターズディオサに続く、牝馬としてはキズナ産駒2頭目の重賞制覇。そして母父がジャングルポケットだった。トニービンはこっちだったか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。