2020共同通信杯・京都記念〜最終血断〜

共同通信杯

本命は エン。父Tavistockはモンジューを経由するサドラーズウェルズ系。母父にも、サドラーと相似形の血統構成を持つフェアリーキングを持つ。地方ダートからの中央参戦で初芝となるが、重馬場が味方して1枠1番からの逃げ切りに期待する。鞍上の柴田大地も重得意ジョッキー。相手にこれもサドラー系のシングンバズーカ。

◎エン
◯シングンバズーカ

追加で、▲ダーリントンホール

馬券は、◎の単複と、◎◯▲の馬連・ワイドをボックス。

スクリーンショット 2020 02 16 11 30 49

■■■結果■■■

京都記念

本命はノーブルマーズ。いい加減、この馬に◎を付けるのは止めようかと思っているのだが、京都2400の重馬場なら話は違う。3着内60%の京都コースと、重の宝塚で3着した実績が追い風となる。シュタルケの捌きで悲願の重賞制覇なるか。

◎ノーブルマーズ

馬券は、◎の単複のみ。

スクリーンショット 2020 02 16 11 31 04

■■■結果■■■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。