2020日経新春杯・京成杯〜最終血断〜

日経新春杯

昨年まで、注目血統はトニービンと書いていたのでハーツクライ産駒に食指が動くが、ここは一捻りして同じ欧州血統からハービンジャー産駒に注目し、本命はマスターコード。実は昨日の愛知杯、予想はアップしなかったが、小回り小倉の2000だったらハービンジャーで間違い無いだろうと、レイホーロマンスの単複を買っていた。デンコウアンジュの末脚に屈したものの、3着に粘りこみ複勝高配当をゲット。今日もハービンジャーでよろしくお願いします。本レースは、意外と重賞未経験馬の成績が良いので十分勝機はある。京都2400も(1.1.0.0)と死角なし。

◎マスターコード

馬券は単複のみ

スクリーンショット 2020 01 19 8 32 22

■■■結果■■■

京成杯

冬の中山ということでしつこくロベルト系の血を狙う。本命はクリスタルブラック。母母父にクリスエスを持つ。父はキズナだが、同じキズナ産駒のビアンフェが函館2歳Sを勝っているので、中山適性もあると考える。父エピファネイア・母母にアドマイヤグルーヴの良血馬スカイグルーヴが強敵。

◎クリスタルブラック
◯スカイグルーヴ

馬券は、◎の単複と、◎◯の馬連・ワイド。

スクリーンショット 2020 01 19 8 32 42

■■■結果■■■

完全的中!いやー、第1コーナーをかかりながら上がっていった時には、完全に終わったと思いました。よく持ち直して、頑張ってくれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。