2020フェアリーS〜最終血断〜

冬の中山ならノヴェリストということで、本命はダイワクンナナ。代表産駒にラストドラフトが居るが、こちらも京成杯を勝っている。しかも母ダイワスカーレットなのだから、持続力の溢れる配合。うまいことに内枠を引いたここは、ルメールの馬が後ろから飛んでくる前に、母譲りの先行粘り込みを見せて欲しい。

◎ダイワクンナナ

馬券は単複のみ

スクリーンショット 2020 01 13 10 06 37

■■■結果■■■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。