2019エリザベス女王杯〜最終血断〜

本命は、ルーラーシップ産駒のウラヌスチャーム。父母父がトニービン。ルーラーシップ産駒とトニービン産駒は似たような特徴があるが、本レースでは昨年ハーツクライ産駒のリスグラシューが勝っているし、過去にはヌーヴォレコルトも2着2回。そして母父に「内枠のフジキセキ」も入っており、3枠4番に入ったここは狙い目。また、何度も言っているが、非根幹距離のレースでは同距離実績が重要。本馬は(1.1.0.0)と好成績。マーフィーの手腕に期待したい。

◎ウラヌスチャーム

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2019 11 10 6 34 36

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。