2019アルゼンチン共和国杯〜最終血断〜

昨年も書いたが、アルゼンチン共和国杯の注目血統は、トニービンとステイゴールド。今年もわんさか出走している。本命は、その中からハーツクライ産駒のトラストケンシンとした。思えば青葉賞で本命とした馬だ。父ハーツクライに、母父エルコンドルパサーという、コテコテ血統。このレース、昨年は母父ロベルト持ちが2頭馬券に絡んだようにスタミナ要求値が求められる。ハンデ53kを生かして、突き抜けて欲しい。

◎トラストケンシン

馬券は単複のみ。

■■■結果■■■

トラストケンシン、あがり上位を繰り出しながら5着に終わった。コーセイ後ろに位置どりし過ぎでしょうに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。