2019毎日王冠・京都大賞典〜最終血断〜

毎日王冠

ディープ産駒が猛威を振るっている毎日王冠。ディープ産駒のうち好走率の高いのは、母父にストームキャットやデピュティミニスターなどの米国スピード血統の血を持った馬。1800mの非根幹距離の重賞ということで、1800経験も見落とせない。本命はギベオン。父ディープ×デピュティミニスター系で、阪神1800mの毎日杯ではブラストワンピースの0.3秒差の2着。鞍上がルーキー岩田なので人気が無いが、父譲りの内枠を割って出る根性のある騎乗を見せて、有力馬をアッと言わせて欲しい。馬券は単複のみ。

◎ギベオン

スクリーンショット 2019 10 06 11 53 39

 

京都大賞典

サンデー系も走るが、穴を開けるのは父非サンデー系。目を引くのはアドマイヤドン産駒が別の馬で2頭、馬券内に入っていること。こんな重賞はあまり記憶がない。そのアドマイヤドンの重要な血統要素は母父のトニービン。同レースでは、同じくトニービン系のハーツクライ産駒のカレンミロティックやシュヴァルグランも好走歴がある。本命は、今年になってから3度◎を打っている、ノーブルマーズ。父ジャングルポケットで母父ロベルト系。ジャングルポケット産駒でG1馬のオウケンブルースリは、本レース(1.1.1.0)と好相性だった。馬券は単複のみ。

◎ノーブルマーズ

スクリーンショット 2019 10 06 11 57 32

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。