2019ダービー〜最終血断〜

令和初のダービー、私の本命はダノンキングリー。父ディープ×ストームキャットは、キズナやサトノアラジン・リアルスティールを出している、いわゆるニックス配合だが、先週のオークスでも同配合のラヴズオンリーユーが優勝。12番人気で2着に激走したカレンブーケドールも同じだ。これまでに同じ年のオークスとダービーでの優勝馬や馬券対象内の馬が、同じ血統構成を持つ傾向があるが、今年もそうなる可能性を考えると、やはりダノンキングリーは外せない。ノーザンファーム生産馬ではなく、三嶋牧場生産馬だが、天栄での調整を行なっており、仕上がりは十分。そして、この馬の魅力は、早めに動ける機動性と、直線を向いてからの加速力に尽きる。2戦2勝と得意にしている東京コースで、坂を力強く駆け上ってくる姿が今にも目に浮かぶ。鞍上の戸崎も、去年のエポガドーロではあと半馬身届かなかったが、今年こそ栄冠を掴んでもらいたい。

対抗はサートゥルナーリア。乗り替わり・テン乗りでの危惧もあるが、それを差し引いても馬の地力とレーンの手腕で、重い印を打たざるを得ない。単穴には、キンカメ×ディープ、母母エアグルーヴという、東京2400の申し子のようなランフォザローゼス。押さえにヴェロックス。母父モンズンというドイツ血統が、ダービーではやや重めに思える。上がり最速も何度か計時しているが、33秒台が無いのもマイナス。最後にロジャーバローズ。穴を開けるとしたら、内枠の先行馬だし、父ディープに対して、母父ダンチヒ系というスピード配合。

◎ダノンキングリー
◯サートゥルナーリア
▲ランフォザローゼス
△ヴェロックス
△ロジャーバローズ

勝負馬券は、◎の単勝。
馬連を◎と▲から流す。

スクリーンショット 2019 05 26 10 44 00

■■■結果■■■

うーん、ダノンキングリーの単勝で、ちょっとした勝負をしていただけに、このクビ差2着は実に悔しい。まあ馬券を買っている側より、去年に続いて2着惜敗の戸崎の方が悔しさ倍増だろうが。それにしても届きそうで届かなかったな。直線中ほどでは、これは勝ったなと思ったのだが、ロジャーバローズは渋とかった。「穴を開けるのは内枠の先行馬」と予想はしていたものの、まさか勝つとまでは・・・。

馬券的に悔やまれるのが3連単を買わなかったこと。◎ダノンキングリーの1頭軸でマルチ3連単36通りで、一度は金額入力画面までいったのだが、購入を控えてしまった。19万9千円か・・・。逃した魚は大きいとは、まさにこのことだな。普段からそんなに3連単は買わないのだが、ダービーの日くらいは買っても良かったと後悔しきり。

サートゥルナーリアのスタート前のイレ込み様は酷かったな。「競馬に絶対は無い」とは良く言うが、単勝人気1.6倍の馬でも負ける時は負けるし、いくら3強対決と言っていても、大概の場合は終わってみれば、何らかの伏兵が割り込んでくるものだ。安田記念もアーモンドアイが出てくるが、絶対に勝つとも言い切れまい。よーし、穴馬を探すぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。