2019マイルC〜回顧〜

アドマイヤマーズの優勝は分かるが、2着のケイデンスコールを拾えなかったのは痛恨。思えば昨年の朝日杯FSで本命を打った馬だったのだ。それにしても見事な末脚。朝日杯FS以外では常に上がり最速をマークしており、今後も軽視は禁物。期待したグルーヴィットは振るわず10着。3着のカテラドルの複勝が750円も付いたのか。血統的にサンデー×ダンチヒで、アーリントンCでも最速の上がりで2着していた、この馬が狙い目だったな。

スクリーンショット 2019 05 06 6 48 08

スクリーンショット 2019 05 06 6 36 25

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。