2019NHKマイルC〜最終血断〜

昨年のマイルC予想で、以下のように書いた。

ヴァイスリージェント系か、ストームバード系いわゆる米国型のダート適性の高いノーザンダンサー系の血統が強い。もしくは同じノーザンダンサー系のダンチヒ系。マイルカップのこの傾向は、多くの血統予想家が指摘しているが、さらに絞り込みの要素を加えるとしたら、サンデー系との組合せであるということ。やはり現代日本競馬ではサンデー系の瞬発力が欠かせない。

今年も同じスタンスで行こうと思う。何頭か該当馬が居るが、そこから抽出したのがグルーヴィット。父ロードカナロア×母父スペシャルウィークだが、母母の血に注目したい。母母ソニックグルーヴは、マイルCでめっぽう強いヴァイスリージェント系のフレンチデピュティを父とし、母が名牝エアグルーヴ。エアグルーヴなので、当然トニービンの血を持つ。持久力勝負となった際にトニービンの血が生きる。この母系の力強さに賭けたい。また、1400実績がある馬が強いのもマイルCのもう一つの傾向。前走ファルコンSで2着し、更には鞍上も好調外人Jのレーンということで期待したい。

対抗はデムーロのアドマイヤマーズ。天皇賞、後方からの騎乗のせいもあってか、人気的に嫌わられているようだが、むしろそういう時の方が怖いデムーロということでしっかり押さえたい。単穴には内枠、川田のダノンチェイサー。ディープ×ダンチヒ系で血統傾向にマッチ。押さえにはハーツクライ×ダンチヒ系のカテラドル。思い切って消しもアリかと考えたが、一応グランアレグリア。

最後の爆穴にワイドファラオ。父が米国系ノーザンダンサーなのは唯一本馬のみ。ニュージーランドで勝ったが、ここでは人気にはならなかったのね。古くはグラスエイコウオーや、近年ではヴィクトリアマイルのミナレットなど、府中のマイルであっと驚く穴馬が爆走するのはやはり逃げ馬だ。昨日夕方の荒天のせいもあって現在の馬場は稍重。この馬場なら、母父アグネスタキオンの重適性が十分に味方する。

◎グルーヴィット
◯アドマイヤマーズ
▲ダノンチェイサー
△カテラドル
△グランアレグリア
⭐︎ワイドファラオ

勝負馬券は◎の単勝。複勝も買う。◎からの馬連流し。
⭐︎の単複と馬連流しも買う。

スクリーンショット 2019 05 05 10 46 51

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。