2019天皇賞・春〜最終血断〜

血統的にはハーツクライを中心としたトニービン持ち狙いだが、今回はスピード重視で考えたい。長丁場の3200とは言え、最後は平坦の直線が待ち受ける京都コース。ここで切れる脚が無いといけない。本命はグローリーヴェイズ。菊花賞ではフィエールマンと同じ、上がり最速33.9をマークし、ブラストワンピースにコンマ1秒差の5着。日経新春杯でも危なげなく勝ちきり駒を進めている。鞍上が、川田の騎乗停止で戸崎に替わったのが痛いが、オッズが美味しくなったと考えればまあいいか。母方にメジロ一族の血がある同馬が、平成最後の天皇賞馬になるのも相応しいだろう。春天では、前年の菊花賞馬をマークするのは基本なので、対抗にエタリオウ、単穴にフィエールマン、押さえにユーキャンスマイルと、無難なところだが、この印はしかたない。

◎グローリーヴェイズ
◯エタリオウ
▲フィエールマン
△ユーキャンスマイル

馬券は、◎の単複と、◎から馬連流し。

スクリーンショット 2019 04 28 10 52 07

■■■結果■■■

スクリーンショット 2019 04 30 10 51 12

鬼門だった天皇賞・春でも、ついにディープ産駒が優勝。しかも後続を突き放してのワンツーフィニッシュしたのだから恐れ入る。◎グローリーヴェイズの戸崎も実に上手く乗った。川田からの乗り替わりが心配されたが、満点の騎乗。直線の叩き合いは実に見応えがあった。直線に入った時の手応えでは差しきるように思えたが、それにしてもしぶとかったな、ルメール&フィエールマン。また、事前予想段階で、有馬記念で本命に推したパフォーマプロミスに押さえの印を付けていたはずだったが、本予想の際に印を絞りすぎてしまって無印としてしまった。3連単は今回は買わなかったのだが、491倍も付いたのか。買っておきたかったなー。そう言えば、土曜競馬のTVで大久保元調教師が、◎フィエールマン◯グローリーヴェイズ▲パフォーマプロミスと完璧な予想をしていたのだから参りました。

さて、春G1は、大阪杯◎アルアイン9番人気1着、桜花賞シゲルピンクダイヤ7番人気2着、天皇賞・春グローリーヴェイズ6番人気2着と好成績だった。この後続く重賞戦線でも引き続き頑張りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。