2019皐月賞〜最終血断〜

土曜日の未勝利戦(2000m)の勝ち馬の上がりが35.2。500万条件の山藤賞(1800m)の上がりは34.2と、良馬場ながら割と上がりが掛かっている芝状態。そして注目は、その2頭ともハービンジャー産駒だということ。今日も雨の予報が出ており、パンパンの高速馬場とはならないだろう。

週中予想では、大穴クラージュゲリエを本命としていたが、土曜日レースの結果を踏まえて、◎はハービンジャー産駒のニシノデイジーに変更。母父にボールドルーラーを内包するアグネスタキオン。そして母母は、セイウンスカイ×ニシノフラワーという、泣かせる配合。ニシノデイジーの戴冠に期待したい。対抗にサートゥルナーリア。久々でもノーザンF生産馬は全く問題なし。単穴ダイワメジャー産駒のアドマイヤマーズ。押さえは手広く。

◎ニシノデイジー
◯サートゥルナーリア
▲アドマイヤマーズ
△ヴェロックス
△ダノンギングリー
△ファンタジスト
△サトノルークス
⭐︎クラージュゲリエ

馬券は、◎の単複と馬連流し。
クラージュゲリエにも爆注を打ち、単複と馬連を流す。

スクリーンショット 2019 04 14 9 31 24

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。