2019金鯱賞・フィリーズレビュー〜最終血断〜

金鯱賞

近年、人気薄で馬券に絡む傾向にある血統は、ボールドルーラー系。また馬群を割って器用に動けるクイックネスな馬が良い。本命は、ディープ×ボールドルーラー系で、皐月賞馬のアルアインに決定。前走でマイルCSで先行し、3着に残った実力を買いたい。対抗には、そのマイルCSで2着のペルシアンナイト。単穴には、前走が同舞台となる中日新聞杯で勝ったギベオン。鞍上・丸山元気で人気を落としているようだが、NHKマイルであわやの2着もあり侮れない存在。押さえに、メートルダールとモズカッチャン。本レースではここ3年8枠が好成績を残している。ダービー以来で久々となるダノンプレミアムは消し。連勝馬のエアウィンザーは強いとは思うが、G1級の馬とは未対戦なので、バッサリ切る。

◎アルアイン
◯ペルシアンナイト
▲ギベオン
△メートルダール
△モズカッチャン

スクリーンショット 2019 03 10 7 07 21

フィリーズレビュー

1400の重賞は1400のスペシャリストを狙うのが基本だが、本レースについては勝手が違う。昨年こそ前走1400の馬のワンツースリーで決まったが、それ以前は前走1600だった馬が強い。血統的には米国型スピード血統に、スタミナも裏打ちされた配合が好ましい。本命は、マイル重賞フェアリーSで◎を打ったホウオウカトリーヌ。父マツリダゴッホは、母父ボールドルーラー系で、母父がサドラーを内包し、血統条件を満たす。前走では勝ちきれなかった悔しさをここで挽回頼む、大野J。ここは単複のみとしたい。

◎ホウオウカトリーヌ

スクリーンショット 2019 03 10 7 10 16

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。