2019弥生賞〜最終血断〜

京成杯勝ちのラストドラフトが1番人気。ドイツ血統のノヴェリスト産駒。ノヴェリストは現役時代にキングジョージを勝った馬。ハービンジャーも同じレースを勝ったが、ハービンジャー産駒の重賞初勝利も、15年京成杯のベルーフだった。「冬の中山芝で2000で堅実なノヴェリスト産駒を買わない手はない」と、「金満血統王国」の王様が書いていたので、それに乗っかってみる。鞍上も中山大得意の田辺だし、単勝2.6倍なら美味しいでしょう。相手には、やはりハービンジャー産駒のニシノデイジー。潔く、印は以上。

◎ラストドラフト

◯ニシノデイジー

馬券は◎の単勝と、◎◯の馬単1点!

スクリーンショット 2019 03 03 12 09 19

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。