2019金鯱賞・フィリーズレビュー〜最終血断〜

金鯱賞

近年、人気薄で馬券に絡む傾向にある血統は、ボールドルーラー系。また馬群を割って器用に動けるクイックネスな馬が良い。本命は、ディープ×ボールドルーラー系で、皐月賞馬のアルアインに決定。前走でマイルCSで先行し、3着に残った実力を買いたい。対抗には、そのマイルCSで2着のペルシアンナイト。単穴には、前走が同舞台となる中日新聞杯で勝ったギベオン。鞍上・丸山元気で人気を落としているようだが、NHKマイルであわやの2着もあり侮れない存在。押さえに、メートルダールとモズカッチャン。本レースではここ3年8枠が好成績を残している。ダービー以来で久々となるダノンプレミアムは消し。連勝馬のエアウィンザーは強いとは思うが、G1級の馬とは未対戦なので、バッサリ切る。

◎アルアイン
◯ペルシアンナイト
▲ギベオン
△メートルダール
△モズカッチャン

スクリーンショット 2019 03 10 7 07 21

■■■結果■■■

 

フィリーズレビュー

1400の重賞は1400のスペシャリストを狙うのが基本だが、本レースについては勝手が違う。昨年こそ前走1400の馬のワンツースリーで決まったが、それ以前は前走1600だった馬が強い。血統的には米国型スピード血統に、スタミナも裏打ちされた配合が好ましい。本命は、マイル重賞フェアリーSで◎を打ったホウオウカトリーヌ。父マツリダゴッホは、母父ボールドルーラー系で、母父がサドラーを内包し、血統条件を満たす。前走では勝ちきれなかった悔しさをここで挽回頼む、大野J。ここは単複のみとしたい。

◎ホウオウカトリーヌ

スクリーンショット 2019 03 10 7 10 16

■■■結果■■■

2019中山牝馬S〜最終血断〜

毎年、中山牝馬Sは非サンデー系を狙うようにしているが、昨年はディープ産駒のカワキタエンカが勝利。昔の感覚のままではいけないと思いつつ、愚直に非サンデー系で攻める。父・母父・父母父・母母父の主力4系統にサンデー系を持たない馬は、ただ一頭ランドネのみ。この馬を本命としたい。父BlameはKris.Sを祖父に持つロベルト系の馬。Kris.Sはシンボリクリスエスの父でもある。母父はA.P.Indyのボールドルーラー系。戦績にもあるように、いかにも先行と持続力に長けている血統構成。ロベルト系ということで、冬の中山も合う。また、本レースはデカイ牝馬が勝つという傾向もある。500kg超えの馬はランドネとウラヌスチャーム。先行勢が多いメンバー構成だが、持ち前の持続力を生かして粘り切って欲しい。

対抗には、ここもやはり父・非サンデーで、ハービンジャー産駒のノームコア。単穴にはデカくて、父・非サンデーのウラヌスチャーム。押さえに、去年の2着馬フロンテアクイーンと、秋華賞2着の実績のあるミッキーチャーム。

◎ランドネ
◯ノームコア
▲ウラヌスチャーム
△フロンテアクイーン
△ミッキーチャーム

馬券は、◎の単複と、◎と▲から馬連流し。

スクリーンショット 2019 03 09 11 45 12

■■■結果■■■

2019弥生賞〜最終血断〜

京成杯勝ちのラストドラフトが1番人気。ドイツ血統のノヴェリスト産駒。ノヴェリストは現役時代にキングジョージを勝った馬。ハービンジャーも同じレースを勝ったが、ハービンジャー産駒の重賞初勝利も、15年京成杯のベルーフだった。「冬の中山芝で2000で堅実なノヴェリスト産駒を買わない手はない」と、「金満血統王国」の王様が書いていたので、それに乗っかってみる。鞍上も中山大得意の田辺だし、単勝2.6倍なら美味しいでしょう。相手には、やはりハービンジャー産駒のニシノデイジー。潔く、印は以上。

◎ラストドラフト

◯ニシノデイジー

馬券は◎の単勝と、◎◯の馬単1点!

スクリーンショット 2019 03 03 12 09 19

■■■結果■■■

2019チューリップ賞〜最終血断〜

単勝1.5倍と、圧倒的人気のダノンファンタジーだが、残る馬券の枠は2頭あるので、穴馬を探す。ディープインパクト産駒、前走マイル重賞で好走している馬に注目して、本命は7番人気のノーブルスコア。牝馬の福永に乗り替わりも歓迎材料。馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2019 03 02 8 26 58

■■■結果■■■

 

オーシャンSは、好調な松岡の乗るダイメイフジ。中山コースに限れば全戦馬券に絡んでいるし、本レースは体重の重い馬が強い。こちらも単複のみ。

■■■結果■■■