2019ダイヤモンドS〜最終血断〜

ダイヤモンドS

本命はピッツバーグ。母メジロフランシスは、モーリスも輩出していて、その父はサドラーズウェルズ系のカーネギーで、母はアルゼンチン共和国杯も勝っているメジロモントレー。3400の舞台なら、母系はこれくらい重厚でいいでしょう。とは言いつつ、軽快なスピード感も求められるのが現代競馬。父ダノンシャンティはフジキセキ直系の種牡馬ということで、それを満たしている。

◎ピッツバーグ

◯ユーキャンスマイル

▲サンデームーティエ

△ララエクラテール

今日牝馬Sは、マンハッタンカフェ狙いで、ハーレムラインでどうだ!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。