2019中山記念〜最終血断〜

久々にマルターズアポジーに◎を打つ。得意の小回り1800での好走に賭ける。前走で生涯唯一の出遅れを喫したのが心配だが、連闘のここで武士沢Jに戻ったので昔ながらの逃げを見せて欲しい。対抗は中山金杯を勝ったウインブライト。冬の中山でステイゴールドに逆らっちゃいけない。単穴に皐月賞馬エポガドーロ。こちらも得意舞台での巻き返しがある。押さえにローエングリン産駒のハッピーグリン。ロゴタイプも本レースは大得意だったしね。中山は初だが、斤量53のラッキーライラック。

◎マルターズアポジー
◯ウインブライト
▲エポガドーロ
△ハッピーグリン
△ラッキーライラック

スクリーンショット 2019 02 24 8 56 45

■■■結果■■■

2019フェブラリーS〜最終血断〜

シンプルにゴールドアリュール狙いで行く。ゴールドドリームか、サンライズノヴァか。前者が母父フレンチデピュティなのに対して、後者は母父ミスプロ系。東京ダート1600で走るのは、ミスプロ×サンデーの組み合わせなので、本命はサンライズノヴァとした。前走で不可解な負けがあったが、よりベストな距離に戻ってここは巻き返しがあると見る。相手対抗にゴールドドリーム。単穴はデムーロのオメガパフューム。サンライズ同士で決まるかもで、押さえにサンライズソア。1番人気で6連勝馬のインティも一応押さえておくか。

◎サンライズソア
◯ゴールドドリーム
▲オメガパフューム
△サンライズソア
△インティ

馬券は、◎1頭軸の3連単マルチ。

スクリーンショット 2019 02 17 8 16 42

■■■結果■■■

2019ダイヤモンドS〜最終血断〜

ダイヤモンドS

本命はピッツバーグ。母メジロフランシスは、モーリスも輩出していて、その父はサドラーズウェルズ系のカーネギーで、母はアルゼンチン共和国杯も勝っているメジロモントレー。3400の舞台なら、母系はこれくらい重厚でいいでしょう。とは言いつつ、軽快なスピード感も求められるのが現代競馬。父ダノンシャンティはフジキセキ直系の種牡馬ということで、それを満たしている。

◎ピッツバーグ

◯ユーキャンスマイル

▲サンデームーティエ

△ララエクラテール

■■■結果■■■

8番人気サンデームーティエが2着に激走。

 

京都牝馬Sは、マンハッタンカフェ狙いで、ハーレムラインでどうだ!

■■■結果■■■

 

2019京都記念・共同通信杯〜最終血断〜

京都記念

昨年の勝ち馬ディープスカイは母父ブライアンズタイム。14年の勝ち馬デスペラードも母母父にブライアンズタイム持ち。ダートも走る力強い血統がモノを言う。タイムフライヤーが母父ブライアンズタイムだが、長距離の実績に乏しく本命には押し難い。母父シルヴァーホークのノーブルマーズ、母父タニノギムレットのパフォーマプロミス。母父シンボリクリスエスのカフジプリンスのうち、本命はノーブルマーズとした。宝塚記念3着の実績があり、非根幹距離は大歓迎。その後の長距離重賞でも確実に走っていて、ここは高倉Jの初重賞制覇に期待がかかる。対抗にはパフォーマプロミス。有馬では14着に終わったが、アルゼンチン共和国杯1着など長距離重賞の実績はこちらも負けていない。外枠3頭の人気どころはどれかが馬券に絡みそうだが、ここはバッサリと切って、印は2頭のみとする。

◎ノーブルマーズ
◯パフォーマプロミス

馬券は、◎の単複と、◎◯の馬連・ワイド。

スクリーンショット 2019 02 10 8 43 00

■■■結果■■■

 

共同通信杯

7頭立てと寂しい構成。今日になって晴れてきたが、昨日の雪の影響で良馬場まで回復するかどうか。ここは上がりがかかる競馬になると見て、本命はナイママ。父ダノンバラードは、ディープインパクトの初年度産駒だが、いわゆるキレ味に欠けるB級ディープ。本馬も札幌1800のレースで1、2着しているが、そのどちらも上がり37秒台。母父にトニービン、母母父にブライアンズタイムと来ればさらに期待値は上がる。重賞で時折アッという競馬を見せてくれる柴田大地だが、ここで炸裂なるか。対抗に、母父タニノギムレットで、札幌2歳Sで3着だったクラージュゲリエ。

◎ナイママ
◯クラージュゲリエ

馬券はこちらも、◎の単複の◎◯の馬連・ワイド。

スクリーンショット 2019 02 10 9 09 52

■■■結果■■■

2019東京新聞杯・きさらぎ賞〜最終血断〜

東京新聞杯

ディープインパクト産駒が5年連続で連対している本レース。3頭出走しているディープ産駒のうち、サトノアレスを本命とする。東京コース成績が(1.2.1.2)と連対率5割、複勝率66%だが、4着以下になったのは安田記念の4着と、不良馬場の富士Sの2回のみなので、ここは期待していい。昨年同レース2着の鞍上柴山に戻ったのも悪くない。相手探しが難しいので、単複のみで勝負。

◎サトノアレス

スクリーンショット 2019 02 03 8 53 10

■■■結果■■■

 

きさらぎ賞

ここ数年、少頭数立てになることが多い本レースだが、今年も8頭立てと寂しいメンバー構成。無理せずケンが正解かもしれないが、こちらも無難にディープ産駒でも買ってみるか。というわけで、出走している3頭のディープの馬連BOX馬券3点のみ購入。

◯ヴァンドギャルド

◯ダノンチェイサー

◯メイショウテンゲン

スクリーンショット 2019 02 03 9 13 23

■■■結果■■■