2019京成杯〜最終血断〜

 

小回り2000ならハービンジャー。同レースも15年ベルーフ、16年プロフェットと勝ち馬を輩出している。本命は内枠の1戦1勝馬の方のヒンドゥタイムズとした。前走は阪神2000で上がり最速をマークし優勝。鞍上は39歳にて重賞勝ちの無い中谷だが、中山は得意としているし、ここらで1発かまして欲しいところ。対抗はルメール。単穴にもう一頭のハービンジャー産駒のリーガルメイン。押さえにデムーロ。

◎ヒンドゥタイムズ
◯ラストドラフト
▲リーガルメイン
△ダノンラスター

 

スクリーンショット 2019 01 14 13 30 22

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。