2019日経新春杯〜最終血断〜

注目血統はトニービン。母父トニービンのサトノノブレスやアドマイヤフライトが、それぞれ2回馬券に絡んでいる。ということで、本命単穴はシンプルに考えて、ルーラーシップ産駒とジャングルポケット産駒とした。本命はルーラーシップの方で、ムイトオブリガード。近走で大崩れが無く安定感抜群。過去にダートを走っていたこともあるが、本レースはダート適性のある血統傾向の馬も強い。対抗にはデムーロのグローリーヴェイズ。単穴にジャングルポケットのノーブルマーズ。宝塚記念3着はフロックではないところを見せて欲しい。押さえに復調の兆しが見えるガンコ。

◎ムイトオブリガード
◯グローリーヴェイズ
▲ノーブルマーズ
△ガンコ

スクリーンショット 2019 01 13 8 09 30

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。