2018阪神JF〜最終血断〜

阪神JFでは、とにかく上がり33秒台を計時している馬に注目しなければならない。候補は何頭かいるが、本命はグレイシアとしたい。前走のアルテミスSでは期待を裏切ったが、その前のアスター賞での勝ちっぷりは堂々としたものだった。人気が落ちたここは逆に狙い目。ダイワメジャーに母父が欧州血統のダンシングブレーヴ系ということで、メジャーエンブレムを彷彿させる。対抗には、そのグレイシアをアルテミスSで負かしたシェーングランツ。単穴にウォッカ産駒のタニノミッション。最後にデムーロ弟のダノンファンタジー。

◎グレイシア
◯シェーングランツ
▲タニノミッション
△ダノンファンタジー

 

スクリーンショット 2018 12 09 8 24 04

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。