2018マイルチャンピオンS〜最終血断〜

本命はステルヴィオ。この馬が毎日王冠を上がり最速で勝った時は、天皇賞・秋での本命を考えていたのだが、マイルCSの方を使ってきた。確かに中〜長距離より、マイルの方が走りそうだな。京都コースは初だが、右回りの成績は悪くない。また、マイルCSは、母父ノーザンダンサー系が良く走る。ステルヴィオは、父ロードカナロアで、母父がノーザンダンサー系のファルブラヴ。久しぶりに来日のビュイックのエスコートでG1奪取としてもらいたい。対抗は、安田記念勝ちでルメールのモズアスコット。単穴に、まだまだ見限れないディープ産駒のアルアイン。押さえにデムーロのペルシアンナイト。

◎ステルヴィオ
◯モズアスコット
▲アルアイン
△ペルシアンナイト

スクリーンショット 2018 11 18 9 57 20

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。