2018アルゼンチン共和国杯〜最終血断〜

注目血統は、トニービンとステイゴールドだが、わんさか出走してきている。現時点で1番人気はムイトオブリガードで、父がルーラーシップだからやはりトニービン持ち。だが、重賞実績も無く、鞍上四位なので本命には推しにくい。対抗とする。本命は、ステイゴールドの血を引くナカヤマフェスタ産駒のガンコとしたい。母父にサドラーズウェルズと、欧州血統の後押しもある。東京は初出走となるが、得意の先行抜け出し、押し切りを決めて欲しい。単穴に宝塚記念3着のノーブルマーズ。流石に人気してるな。

◎ガンコ
◯ムイトオブリガード
▲ノーブルマーズ
△パフォーマプロミス
△ルックトゥワイス

 

スクリーンショット 2018 11 04 8 55 36

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。