2018菊花賞〜最終血断〜

高速馬場にならなければ、タフな血統の馬が走るのが菊花賞。土曜日の馬場を見る限りではそれほどは速くなりそうにないと思える。ならば、ということで、ロベルト系スクリーンヒーローのジェネラーレウーノを本命。逃げるメイショウテッコンを3~4角で捉えて、後続に影を踏ませずにそのまま先頭で駆け抜けて欲しい。対抗は、ステイゴールド産駒のエタリオウ。こちらもタフネスさでは負けない血統だし、京都の超距離は大得意。単穴にグレイル。ハーツクライ産駒なのは勿論だが、やはりインの岩田は怖い。押さえに皐月賞馬のエポガドーロ。

◎ジェネラーレウーノ

◯エタリオウ

▲グレイル

△エポガドーロ

■■■結果■■■

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。