2018秋華賞〜最終血断〜

圧倒的人気のアーモンドアイ。流石にこれは勝つだろう。とは言うものの、一縷の望みでアーモンドアイを負かす馬はいないものか考察してみる。やはりそれはディープ産駒か。さて、秋華賞で買えるディープと、買えないディープを考える。以下、血統研究家の田端到氏の受け売りだが、母父にサドラー系などの重い血統ではなく、スピード系の軽い血統が入った方が良い。母父ガリレオのカンタービレや、ニジンスキー系のサラキア、ファルブラヴのトーセンブレスは軽視。本命は母父ダンチヒ系のプリモシーンとしたい。前走で恵量とは言え古馬混合戦の関屋記念を1番人気で勝っているのも心強い。対抗は当然アーモンドアイ。単穴に同じく母父ダンチヒ系のミッキーチャーム。押さえは母父ヴァイスリージェント系のラテュロス。ラッキーライラックの巻き返しは無いと見て消し。母父スピード血統ディープの包囲網でアーモンドアイを打ち負かせ。

◎プリモシーン
◯アーモンドアイ
▲ミッキーチャーム
△ラテュロス

馬券は◎の単複と、◎からの馬連で勝負!

まさかのアーモンドアイ馬券外に備えて、◎▲△の3連複もしくは3連単でも買ってみるか。

スクリーンショット 2018 10 14 8 06 43

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。