2018毎日王冠〜回顧〜

スクリーンショット 2018 10 13 8 30 20

結局、モレイラ・ルメールの外国人騎手同士で決着。そして1〜3着の種牡馬が、クロフネ、ロードカナロア、ルーラーシップ。我が◎のケイアイノーテック含む、ディープインパクト産駒は4頭出しながら、馬券に絡めず。府中1800という、決してディープが苦手としている訳ではない舞台での、この結果が示すものは何か。このまま新種牡馬らに覇権を譲るのか、それとも「逆境のディープ」の巻き返しがあるのか。本番の秋天で最も警戒すべきなのは、毎日王冠で上がり最速を使った馬。とすると、ルメールのステルヴィオが有力だが、過去に秋天を勝った3歳馬ってバブルガムフェローとシンボリクリスエスのみなんだよな。そろそろデータを覆すか期待したい。

スクリーンショット 2018 10 13 8 30 32

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。