2018京都大賞典〜最終血断〜

サトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2強で決まってしまうのか。割って入る馬は居ないものか。目黒記念を勝った、カンパニー産駒のウインテンダネスはあんまり人気が無いね。大外だしジョッキーも内田から菱田に乗り替わったし、こんなもんか。昨年の勝ち馬スマートレイアーも8歳牝馬だし、近走の調子も芳しくないし無さそう。条件戦を勝ち上がってきたレッドジェノヴァ。4歳牝馬で父はシンボリクリスエス。このレース、穴を開ける馬は父が非サンデー系の馬だ。斤量も軽いし、鞍上も池添だし、この馬でいってみるか。

◎レッドジェノヴァ
◯シュヴァルグラン
▲サトノダイヤモンド

馬券は、◎の単複と、◎◯▲の3連複1点!

スクリーンショット 2018 10 08 10 12 38

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。