2018ローズS〜最終血断〜

阪神芝1800はディープ産駒の独壇場。これには逆らわないこととした。デムーロの馬か、ルメールの馬か。春の実績馬か、上がり馬か。迷うところがだが、ここは阪神JFで、ラッキーライラックと同じ上がり最速をマークしたトーセンブレスを抜擢したい。その阪神JFでは3着から2馬身半離されたが、年明けのフラワーカップでも上がり最速を計時し、ローズSでも出てくるカンタービレにクビ差に肉薄。桜花賞でもアーモンドアイの鬼脚には届かなかったが上がり2位をマークし4着。惜しくもオークスは出走回避となったが、夏を越して更なる成長に期待したい。鞍上はヨシトミ先生だが、時折見せてくれる本気の走りがここで炸裂することに賭ける。現在単勝オッズ10倍の6番人気。ここはアレコレ馬券を散らばすよりは、単複1点に絞って勝負!

◎トーセンブレス

スクリーンショット 2018 09 16 10 13 22

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。