2018セントウルS〜最終血断〜

スプリント血統、ダート向き米国型スピード血統の馬を中心視。アイビスサマーダッシュとの連動性も高いことにも注目したい。

本命は、アイビスSDに続いて、レジーナフォルテ。同レースでは果敢に先行して行ったものの馬券外となってしまったが、それでも4着に健闘している。セントウルSでは、この前向きさと、粘り腰が生きると見た。母父のボールドルーラーの持続力と、母母父ダンシングブレーヴのスタミナが後押しする。
相手に、そのアイビスSDで2着のラブカンプー。サクラバクシンオー系はこのレースに強いので、もちろんその直系のショウナンカンプも走るはず。単穴はアサクサゲンキ。差しからも1頭は馬券に絡みそうなので、この馬をチョイス。最後にキングヘイロー産駒のダイアナヘイロー。

◎レジーナフォルテ
◯ラブカンプー
▲アサクサゲンキ
△ダイアナヘイロー

スクリーンショット 2018 09 09 9 34 29

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。