2018小倉2歳S〜最終血断〜

小倉1200戦は、基本的に前半3ハロンのペースが速く、後半で一気に後続が畳み掛けるというレースが多いが、最近は前半スローペースの弛んだレースになることも多い。今年の本レースでは先行馬が揃って、流石にスローになることは無さそう。という訳で差し馬から本命馬を抜擢し、◎アズマヘリテージ。前走新馬戦の勝ち時計は平凡だが、相手なりに走ったかもしれず、まだ見限らないこととする。血統的には、おお、トーセンジョーダン産駒か。基本的にトニービンの血を持つ馬はローカル重賞で強いからな。そして母父もフジキセキだから小回り適性もありそう。先行馬からは何が残りそうか全く予想が付かないので、馬券は単複のみとする。人気の先行勢で決着したら、ごめんなさい、だ。

◎アズマヘリテージ

 

スクリーンショット 2018 09 02 8 59 14

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。