2018スプリンターズS〜最終血断〜

ここ数年の芝1200G1で猛威を振るう、アドマイヤムーンやスウェプトオーヴァーポートなどのフォーティナイナー系。ここスプリンターズSでも、昨年の覇者レッドファルクスを始め、6頭が出走。そのうち一番人気は今年の高松宮杯を勝ったアドマイヤムーン産駒のファインニードルだが、思ったより抜けてないな。本命は、本日の馬場のこともあり、内枠に入った先行逃げ馬のワンスインナムーンとしたい。中山成績、騎手成績、重馬場成績、ともにバランスが良く、ここは好走が期待できる。昨年の同レース3着以来パッとしなかったが、前走で復活の兆しが見えた。

対抗はファインニードル。単穴にこれもアドマイヤムーン産駒で、ルメールのムーンクエイク。押さえにはセントウルS2着のラブカンプー。

◎ワンスインナムーン
◯ファインニードル
▲ムーンクエイク
△ラブカンプー

 

◎◯▲で決まったら、アドマイヤムーン祭りだ!

 

スクリーンショット 2018 09 30 10 06 14

2018神戸新聞杯〜回顧〜

スクリーンショット 2018 09 24 8 06 57

◎エタリオウ、後方からキッチリ差してきたが届かずの2着。戦績に2着が並ぶのは、父ステイゴールド譲りなのだろうか。京都コースなら3角からの下り坂を使って上手くスピードに乗ってこれそうだし、本番でももう一回狙ってみよう。デムーロも菊花賞を見据えての騎乗だったと思え、菊花賞でも騎乗してくれることを願う。

スクリーンショット 2018 09 24 8 37 20

2018オールカマー〜回顧〜

スクリーンショット 2018 09 24 8 06 34

◎ガンコは馬体の張りも良さそうだったし、位置どりも悪くなかったから、4角で3番手に進出した時には、これは勝ったでしょうと思ったのだが、そこからが案外だった。「直線での我慢比べになればこの馬のスタミナが生きる」という予想は大外れ。▲レイデオロは、まあ仕方ないとして、◯ダンビュライトが3着だったため縦目の押さえ馬券も外れて、いいところなし・・・。メンバーがもう少し手薄になった時に、もう一度ガンコを狙うことにするか。

スクリーンショット 2018 09 24 8 38 00

2018神戸新聞杯〜最終血断〜

前走ダービー組から、デムーロに乗り替わったエタリオウを本命。ステイゴールド×ストームキャット系という配合での成功産駒があまり思い浮かばないが、スタミナとスピードを兼ね備えた万全の組み合わせ。ステイゴールドのラストクロップとして、ここはキッチリと勝って菊花賞に進んでもらいたい。ここ4戦ずっと2400戦を使っていて大崩れしていないのも買い材料。皐月賞馬のエポガドーロやダービー馬ワグネリアンも居るが、ここはエタリオウが勝ち切ると見て、馬券は単複のみに絞りたい。

◎エタリオウ

スクリーンショット 2018 09 23 8 09 50

2018オールカマー〜最終血断〜

中山非根幹距離ならステイゴールド。直仔ならマイネルミラノとショウナンバッハ。ともに高齢馬だが、前者は今年のAJCCで3着。後者は前走の新潟記念で3着と衰えを知らない。ステイゴールドの後継を担うのが、ドリームジャーニー産駒とナカヤマフェスタ産駒。ここではミライヘノツバサとガンコが該当。ここから本命は、今年の日経賞勝ちのガンコとしたい。血統表にはスタミナ・底力系の血がぞろぞろ。父父ステイゴールドは言うまでもなく、父母父ナカヤマフェスタはリボー系。母父がシングスピールでサドラーズウェルズ系。前走は初G1に挑戦し、3番人気に推されたものの14着と期待には応えられなかった。中山に戻ったここは狙い所だ。マイネルミラノとダンビュライトなど先行勢が多いが、直線での我慢比べになればこの馬のスタミナが生きると見た。対抗には、中山コース複勝率100%のダンビュライト。単穴に2017年ダービー馬レイデオロ。押さえには、中山では常に警戒が必要なロベルト系ということでエアアンセム。

◎ガンコ
◯ダンビュライト
▲レイデオロ
△エアアンセム

スクリーンショット 2018 09 23 7 46 00

2018セントライト記念〜回顧〜

スクリーンショット 2018 09 18 7 42 11

やったね田辺!イメージレースとしていた2015年のAJCCを彷彿させるレース展開で、まさに後続に影を踏ませなかった。皐月賞で強い競馬をしていた実力は本当だったな。単複1点に絞っての馬券作戦は大正解だったが、ジェネラーレウーノ→レイエンダの馬単が23倍も付くようなら買っておくべきだった・・・。悔しい。それに加えて、ダービーで本命にしていたグレイルが3着に入るとは。ここでも狙っておけば3連単も取れない馬券じゃなかったな。というわけで、「前走ダービー組は大敗していてもセントライト記念では買い」とメモしておこう。

スクリーンショット 2018 09 18 7 42 29

2018ローズS〜回顧〜

スクリーンショット 2018 09 18 7 41 26

15頭の出走馬のうち10頭を占めていたディープ産駒が、案の定というか1〜3着で決着。差し込み勢優位と見ていたが、勝ったのは先行したルメールのカンタービレ。2015年勝ち馬がタッチングスピーチで、2016年の勝ち馬はシンハライトで、それぞれ母父がサドラーズウェルズ系だったが、カンタービレもサドラーズウェルズ直系のガリレオ。今後も本レースでは、サドラー系の血に着目したい。また、以前の傾向だった、後方一気の差し馬優勢という限りでは無いことも覚えておこう。我が本命トーセンブレスは、いつもより前寄りからレースを進めて積極性を感じたが、見せ場は4角まで。ゴール板を通過する馬を眺めていたが、全然現れない・・・(笑)。おいおい、ドンベかよ。はぁ。

スクリーンショット 2018 09 18 7 41 42

2018セントライト記念〜最終血断〜

中山2200重賞、特にセントライト記念はロベルト系が強い。2012年には父ブライアンズタイムのスカイディグニティが14番人気で2着。2013年に父シンボリクリスエスのユールシンギングが3番人気で1着。2015年に父スクリーンヒーローのミュゼエイリアンが9番人気で2着。母父に目を移しても、2016年には母父ブライアンズタイムのディーマジェスティとゼーヴィントがワンツー。2017年には母父インティカブのサトノクロニクルが3着。

3連勝の上がり馬、レイエンダが母父シンボリクリスエス。現時点で単勝2倍の1頭抜けた1番人気。前走では中山と連動性のある函館で勝っており、鞍上も3戦主戦を務めているルメール。むう、これは困ったなー。なんとかこの馬を本命にしない理由を考えてみると、3戦とも上がり最速で後方から飛んできていること。中山2200ではマクリが決まりにくく、3角4角でモタモタしているうちに届かないことが良くある。イメージレースとしては、クリールカイザーがゴールドシップに勝った2015年のAJCCだ。その時と同じ田辺裕信が手綱を握るジェネラーレウーノに賭けてみようか。父スクリーンヒーロー。ダービーは16着だったが、中山なら走る。父も同舞台で前走16着から巻き返している。2番人気とは言え、離されておりオッズは7.2倍か。十分おいしいぞ。昨日のローズSでは失敗したが、今日も単複1点勝負としてみたい。

◎ジェネラーレウーノ

スクリーンショット 2018 09 17 10 30 55

2018ローズS〜最終血断〜

阪神芝1800はディープ産駒の独壇場。これには逆らわないこととした。デムーロの馬か、ルメールの馬か。春の実績馬か、上がり馬か。迷うところがだが、ここは阪神JFで、ラッキーライラックと同じ上がり最速をマークしたトーセンブレスを抜擢したい。その阪神JFでは3着から2馬身半離されたが、年明けのフラワーカップでも上がり最速を計時し、ローズSでも出てくるカンタービレにクビ差に肉薄。桜花賞でもアーモンドアイの鬼脚には届かなかったが上がり2位をマークし4着。惜しくもオークスは出走回避となったが、夏を越して更なる成長に期待したい。鞍上はヨシトミ先生だが、時折見せてくれる本気の走りがここで炸裂することに賭ける。現在単勝オッズ10倍の6番人気。ここはアレコレ馬券を散らばすよりは、単複1点に絞って勝負!

◎トーセンブレス

スクリーンショット 2018 09 16 10 13 22

2018セントウルS〜回顧〜

スクリーンショット 2018 09 10 9 40 47

重馬場になったこともあり、G1馬のファインニードルが地力を見せたかな。3着に入った、サクラバクシンオー産駒グレイトチャーターについて、検討していなかったのが悔やまれる。ビックアーサーや、母父サクラバクシンオーのハクサンムーンが強いレースだったんだよなぁ。レジーナフォルテは福島か中山に戻ってきたら買うことにしよう。

スクリーンショット 2018 09 10 9 41 00