2018小倉記念〜最終血断〜

小倉記念の注目血統の筆頭は、まずトニービンをはじめとするグレイソヴリン系。16年優勝の11番人気クランモンタナはディープ×トニービンという配合。昨年も同配合のフェルメッツァが6番人気で3着している。ハービンジャー産駒も優勝こそないが、サトノロブレスの2年連続2着や、昨年サンマルティンの2着がある。

しつこいようだが、小回り2000を得意としているハービンジャー産駒狙いでいってみよう。3頭出走しているうちの中から母母父ボールドルーラー系のレイホーロマンスを本命。ボールドルーラー系の特徴は何と言っても驚異的な持続力を持っているということ。ローカル小回りの重賞では母母父などの血統表の底流にこのような持続力溢れる血がある馬が走る。

対抗には同じハービンジャー産駒で昨年2着のサンマルティン。父ハービンジャー×母父サンデー×母母父ナスルーラ系というのはレイホーロマンスと相似している。単穴はサトノクロニクル。父ハーツクライでトニービン持ちなのは勿論だが、デムーロが乗って、適距離の2000に戻ったここは外せない。押さえにステイゴール産駒の地方馬マウントゴールドを抜擢。やはり芝2000重賞でステイゴールド産駒は軽視禁物。

1番人気になっているタートルボウルで決まったらゴメンなさいだが、血統的は強調材料に欠けるので思いきって消してみた。

◎レイホーロマンス
◯サンマルティン
▲サトノクロニクル
△マウントゴールド

馬券は◎の単複と、◎から馬連流しと、▲からも流す。◎がコケた時の保険に◯▲△の3連複を追加。

 

スクリーンショット 2018 08 05 10 29 23

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。