2018新潟2歳S〜回顧〜

スクリーンショット 2018 08 27 12 23 14

1番人気のケイデンスコールが、3戦連続上がり最速をマークし快勝。勝ってから、この馬の血統表をまじまじと見たのだが、母方にリボーやらディクタスなどの底力溢れる血が流れていたのね。それをベースに父ロードカナロアと母父にハーツクライか。なるほど新潟2歳Sくらいならポテンシャルの違いで勝ち上がりそうですな。本命エルモンストロは軽快に逃げたものの、直線を向いたところであっさり捕まってしまった。それでも勝ち馬とはコンマ秒差の6着なら頑張った方かも。見限らずに、また狙ってみよう。とにかく穴馬を狙うなら逃げ馬に限るからね。

スクリーンショット 2018 08 27 12 51 31

2018キーンランドC〜回顧〜

スクリーンショット 2018 08 27 12 22 53

キャンベルジュニアは中団から追い上げて来たものの前が止まらず、4着止まり。勝ったナックビーナスは、 10番人気だった高松宮記念で本命にしていた馬だが、今回は1番人気なので見送ってしまった。モレイラということもあっての1番人気とは思うが、単勝が370円付くのならコッチで良かったなぁ。それにしても先週はかろうじて複勝的中があったとは言え、連敗街道まっしぐら。デムーロを買っても当らないのだから始末に負えない。残る夏競馬はそこそこにして秋競馬に望んで行きたい。

スクリーンショット 2018 08 27 12 49 11

2018新潟2歳S〜最終血断〜

昨年の優勝馬フロンティアは、父ダイワメジャー×母父トニービン。直線の長い新潟では、ロングスパートでバテないトニービンの血が良く合う。というわけでルーラーシップ産駒を狙っていこう。本命はエルモンストロ。母父にもアグネスタキオンという持続力に富んだ血統が入り万全。前走の新馬戦では4角先頭で後続馬に飲み込まれるかと思いきや粘り切って、かつ突き放したという強い競馬だった。ここでも王道の競馬で勝ち上がっていただきたい。

◎エルモンストロ

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2018 08 26 11 19 44

2018キーンランドC〜最終血断〜

安田記念で本命に推したキャンベルジュニアを再度狙う。デムーロなのでやや人気し過ぎだが、まあキッチリ勝ってもらいましょう。本レースは1200戦ながら、マイル以上の重賞で実績のあった馬が強い傾向がある。ダービー卿チャレンジトロフイーで2年連続で2着の本馬なら狙い目十分でしょう。血統的には珍しくノーザンダンサー×ノーザンダンサーの非サンデー系の馬。キレ味は無いが、並ばれてからの渋とさに長ける、この馬に掛けてみよう。

◎キャンベルジュニア

馬券は単複のみ。

スクリーンショット 2018 08 26 11 20 03

2018北九州記念〜回顧〜

スクリーンショット 2018 08 19 17 18 18

◎ラブカンプー、4角先頭から押し切るかと思いきや、ディープ産駒にやられてしまった。そしてアイビスに続いてダイメイプリンセスにも先着を許すとは。勝ったアレスバローズは、ディープ×トニービンという配合だが、サトノノブレスも同じ構成で、小倉記念を勝っていたよな。ローカル重賞では、トニービンの底力がモノを言うね。

スクリーンショット 2018 08 19 17 18 35

 

2018札幌記念〜回顧〜

スクリーンショット 2018 08 19 17 07 05

◎マルターズアポジーは15着。逃げ馬の宿命として大敗は仕方無いが、そのほかの◯も▲も馬群に沈み、4番手評価のサングレーザーが勝ってしまった。うーん、距離的にどうかと思ったが、2000も走るのね、この馬。そしてマカヒキ、長期休養明けの割に良く走ったな。さすがは名門厩舎といったところか。モズカッチャンの最後方からの猛追にもビックリ。

スクリーンショット 2018 08 19 17 06 51

2018北九州記念〜最終血断〜

血統的にはサクラバクシンオーが圧倒的。16年8番人気1着のバクシンテイオー、17年14番人気2着のナリタスターワンなど、枚挙に遑がない。という訳で、サクラバクシンオー直系のショウナンカンプを本命。アイビスサマーダッシュではダイメイプリンセスにしてやられたが、直線競馬の適正差もあった上での結果と判断したい。他に先行する馬も多そうだし、以前の北九州記念のように前は総崩れで後方一気の馬が台頭しそうな気もするが、ここは馬の脚を使い切ることに長けている和田Jに託してみたい。

◎ラブカンプー

単勝が10倍前後付くので、馬券は単複のみとしたい。

スクリーンショット 2018 08 19 9 35 55

2018札幌記念〜最終血断〜

昨年は、まさかのキンカメのワン・ツー・スリー決着。優勝馬のサクラアンプルールが今年も出走。もう7歳馬だが前走函館記念でも2着し、元気いっぱい。同じくキンカメ産駒のスズカデヴィアス7歳馬も同じローテで駒を進めてきた。今年もキンカメ狙いでいいのだろうか。ただし、昨年は3頭とも内枠だったし、それが有利に働いたような気もする。そして今年の1枠には、敢然と逃げるマルターズアポジーが入った。前走は鳴尾記念でやや離された4着だったが、最後まで頑張っていたと思う。武から乗り替わったので人気的にも狙い目。久々でも走る馬だし、ここは、懲りずに本命でいってみよう。前出のキンカメ2頭を対抗・単穴とし、押さえに最後の切れ味で突っ込んで来そうなサングレーザー。外国人騎手が乗る有力馬だが、まず、ジャパンカップ以来9ヶ月振りとなるマカヒキはバッサリ切る。ドバイ帰りのネオリアリズムとモズカッチャンもズバッと切って、印は少なめ。購入額も少なめで様子を見たい。

◎マルターズアポジー
◯サクラアンプルール
▲スズカデヴィアス
△サングレーザー

馬券は◎の単複と◎と▲から馬連。

スクリーンショット 2018 08 19 9 33 53

2018関屋記念〜回顧〜

スクリーンショット 2018 08 19 8 49 51

夏は牝馬というが、まさかワンツースリーとは。しかも3頭ともディープ産駒。ウィンガニオンを抑えて逃げたエイシンティンクルが3着に残ったが、流石はエイシンヒカリの妹といったところか。5歳牝馬で重賞初挑戦の遅咲きだが、お気に入り馬に登録しておこう。

スクリーンショット 2018 08 19 8 50 05

2018関屋記念〜最終血断〜

ボールドルーラーの持続力が生きると見て、本命は母父ボールドルーラー系のスターオブペルシャ。ダイワメジャー産駒ならではの先行力も買いの材料。重賞初挑戦だが、同舞台となる谷川岳S(オープン)の勝ちがあるし、ここはウチパクの手腕に期待しよう。対抗にロードクエスト。忘れちゃならない新潟2歳Sの勝ち馬。父マツリダゴッホにボールドルーラーが内包。単穴にプリモシーン。ディープ×ダンチヒ系という、いかにも軽快なスピード配合に加えて、3歳牝馬ということで51kgの恵量なら、人気とはいえ印は付けざるを得ない。押さえにエイシンティンンクル。こちらも初重賞だがソツなく走りそう。

◎スターオブペルシャ
◯ロードクエスト
▲プリモシーン
△エイシンティンクル

馬券は◎の単複と、◎から各印へ馬連。

スクリーンショット 2018 08 12 9 45 47