2018アイビスサマーダッシュ・クイーンS〜回顧〜

スクリーンショット 2018 07 31 12 24 47

うーん、惜しくも伸びきれずレジーナフォルテ。残り400までは頑張ったんだがなぁ。3着には残ったかと思ったが、戸崎め余計なことを。勝ったダイメイプリンセスはさすが直線巧者といった感じ。父キングヘイローの源流ダンシングブレーヴ系は一本調子の競馬に強いから新潟千直は合ってるんだろう。

スクリーンショット 2018 07 31 12 25 18

 

 

スクリーンショット 2018 07 31 12 25 38

ぬぐぅ。ドバイ帰りの久々の競馬とあって、凡走を期待してしまったが、強かったなディアドラ。脱帽。2〜4着は内枠勢で決まったので狙いは悪くは無かったと思うのだが、肝心の◎アグレアーブルがパッとせず。

スクリーンショット 2018 07 31 12 26 04

2018クイーンS〜最終血断〜

昨年は馬番2−1−4で決まった。一昨年も2枠2番で9番人気のマコトブリジャールが優勝し、1枠1番で11番人気のダンツキャンサーが3着に激走したレース。ようし、ならば今年も内枠5頭の固め打ちでどうだ!なんか頭の悪そうな馬券だが、洋芝得意のマンハッタンカフェとか、欧州血統のサドラーズウェルズ系、タフネスな馬場が得意そうなストロングリターン産駒など、こっそり、血統的にも検討を加えているのですよ。重賞経験はそれほどないが、大崩れのないところと、モレイラの手腕に期待し、アグレアーブルを本命。対抗は、北の大地に流れ着いた感のあるソウルスターリング。ルメールから北村宏司に変わったあたりも哀愁を感じさせる。単穴はトーセンビクトリー。本当はこの馬、間隔が開いた方が良いのだが、内枠得意の岩田だし、昨年より2着しているし、走っておかしくない。押さえにツヅミモンとフロンテアクイーン。

◎アグレアーブル
◯ソウルスターリング
▲トーセンビクトリー
△ツヅミモン
△フロンテアクイーン

 

スクリーンショット 2018 07 29 0 50 38

2018アイビスサマーダッシュ〜最終血断〜

アイビスサマーダッシュの血統傾向はスピード重視、ダート向きの種牡馬だ。昨年はメイショウボーラー産駒のラインミーティアを本命とし見事単勝38倍をゲット!昨年の重賞の中で数少ない◎的中となったレース。今年も同じメイショウボーラー産駒のブロワに西田雄一郎が乗って外枠に入った。うーん、クサ過ぎる・・・。が、ちょっと本命には厳しいかな。◎はレジーナフォルテとした。昨年の3着馬で、父がミスプロ系アルデバラン2で、母父ボールドルーラー系のボストンハーバーなら血統傾向は満たしている。重賞勝ちのないジョッキーだが、新潟コースも得意としているようで初制覇に期待したい。対抗にキングヘイロー産駒のダイメイプリンセス。新潟1000経験豊富で外枠に入ったので、人気しているが消せないな。単穴にラブカンプー。同レースに相性のいいサクラバクシンオー系、ショウナンカンプ産駒。デムーロが乗りに来たのね。おかげでオッズ的な旨味は消えるがきっちり持ってきてもらいましょうか。最後に西田のブロワを押さえる。

◎レジーナフォルテ
◯ダイメイプリンセス
▲ラブカンプー
△ブロワ

 

スクリーンショット 2018 07 29 0 13 01

2018函館2歳S〜回顧〜

スクリーンショット 2018 07 22 16 26 02

勝ったのはストームキャット系ジャイアンツコーズウェイ産駒のアスターペガサス。ダート寄りのスピード血統を狙うならストームキャット系は外せなかったのだが、鞍上から割り引いてしまった。前走で函館1200の新馬戦を勝っているし、何より母父もフォーティナイナー系で、血統的にはコッチだったなと後悔しきり。ローカル2歳重賞のG3だったら若手ジョッキーでも買うようにしておこう。

スクリーンショット 2018 07 22 16 26 29

2018中京記念〜回顧〜

 

スクリーンショット 2018 07 22 16 22 21

◯ロジクライ2着、◎フロンティア4着とカスリ気味の予想だったが、1・3着にディープ産駒が入ってドモナラズ・・・。田辺騎乗のグレーターロンドンが単勝5倍なら、コレ1点で仕留めたかったなぁ。血統的にはやはりグレイソヴリンが2着に来たぞ。

スクリーンショット 2018 07 22 16 21 58

 

2018年函館2歳S〜最終血断〜

ダート寄りのパワー・スピード血統で攻めてみよう。なおかつ先行馬重視。そこから若手Jを敬遠すると自然に対象馬が絞れてくる。まず内枠から、フォーティナイナーのラインからサウスヴィグラス産駒のラブミーリッキー。同じくスウェプトオーヴァーポート産駒でトーセンオパールとエムティアン。上記3頭はエンドスウイープ経由のフォーティナイナーだが、もう一頭エンドスウイープを挟まないフォーティナイナー系のニヴィアン。最後にルメール騎乗のエスポワールシチー産駒のホールドユアハンド。印の強弱は付けずに5頭の馬連ボックス。

スクリーンショット 2018 07 22 9 55 51

2018中京記念〜最終血断〜

過去に同じ馬が好走しているケースが多い、いわゆるリピーターレース。というわけで、昨年覇者のウインガニオンが人気している。血統的にはグレイソヴリン狙いに尽きる。一昨年はチチカステナンゴ産駒のピークトラムを本命とし、地味だが複勝的中した。さて今年の該当馬と言えば、母父トニービンのフロンティアと、父ハーツクライのロジクライといったところか。若駒3歳のフロンティアの方を本命としたい。新潟2歳チャンプ。新馬戦勝ちが中京のマイル。前走のNHKマイルでは二桁着順だがG1以外では常に掲示板をキープ。53kgは軽すぎだろ、この馬。対抗にロジクライ。単穴にウインガニオン。押さえに昨年3着のブラックムーン。

◎フロンティア
◯ロジクライ
▲ウインガニオン
△ブラックムーン

スクリーンショット 2018 07 22 9 55 28

2018函館記念〜回顧〜

スクリーンショット 2018 07 16 13 15 27

やっぱり荒れるのう、函館記念は・・・。5→7→13人気で、3連単は57万馬券。それにしても単穴にした方のエアアンセムの方が来てしまうとは、ロベルト系狙いでいっただけに実に悔しい。3着エテルナミノルも、母母父がリアルシャダイ(その父ロベルト)なので、印を回せないこともなかった。とは言っても2着のサクラアンプルールは買えなかったから、ワイドでも買わない限り当たらなかったけどね。

スクリーンショット 2018 07 16 13 15 16

2018函館記念〜最終血断〜

血統的に穴を開けているのはロベルト系。昨年は父シンボリクリスエスのヤマカツライデンが7番人気で3着。過去に遡ると、マヤノトップガン産駒(キングトップガン・マヤノライジン)がワンツーを決めたり、タニノギムレット産駒のハギノハイブリッドや、母父リアルシャダイのトランスワープ・母父グラスワンダーのヤマカツエースなどが馬券に絡んでいる。

今年の出走馬のうち父系にロベルト系を持つ馬が、エアアンセム(父シンボリクリスエス)、カレンラストショー(父タニノギムレット)、ゴールドサーべラス(父スクリーンヒーロー)。そして母父ロベルト保持馬が、ブレスジャーニー(母父タニノギムレット)とマイネルハニー(母父ナリタブライアン)。

本命はマイネルハニー。マツリダゴッホ産駒。ずっと追いかけている馬だが、前走の巴賞で柴田大知から丹内祐次と乗り替わった。こいつ、函館出身なんだよな。2年前に同レースをマイネルミラノで勝っているし、同じマイネルでもう一丁決めてもらいましょう。

対抗はブレスジャーニー。久しぶりに柴田善臣に戻り、ここは完全復活を期待したい。単穴にエアアンセム。母母がエアデジャブーか、懐かしいな。押さえにルメール遠征のトリコロールブルー。

◎マイネルハニー
◯ブレスジャーニー
▲エアアンセム
△トリコロールブルー

 

スクリーンショット 2018 07 15 10 19 21

2018七夕賞〜回顧〜

勝ったのはメドウラーク。なんと単勝万馬券!人気が無さ過ぎだが、昨年11月のアンドロメダSではブラッグバゴにタイム差0.3で3着している実績があった。その他、ケントオーやキョウヘイなど重賞の常連組を押さえての3着していたのだ。アンドロメダSは京都2000の小回りコース。福島は初出走だったが、中山実績だけではなくて、京都2000実績にも目を伸ばす必要があったということか。また勝利ジョッキーの丸田も、重賞の勝ち鞍が中山・函館・小倉・福島に集中している、典型的な小回りが得意なタイプ。穴馬・穴ジョッキーということで絶好の狙い目だったのを仕留めることが出来ずに、残念無念。父ブライアンズタイム系に、母系にトゥザヴィクトリーが居るというのも血統的には押さえたい内容だったなぁ。

そして2着したのは人気薄の方のマイネルサージュ。上がり最速37.5って、おいおいどんだけタフネスな馬場なんだよ。そして3着に突っ込んだのがパワーポケット。鞍上が福島ご当地ジョッキーの江田照男か。いやあ、買えないよ、こんなの。

 

スクリーンショット 2018 07 09 15 40 07