2018函館スプリントS〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

本命ラインスピリット。函館SSは、大系統ナスルーラ持ちが強い。本馬は母父トニービン。昨年もここに着目し、勝ち馬ジューヌエコールに◎を打ったが、当日鎌倉へ出かけて紫陽花見物にうつつをぬかし、まさの馬券買い忘れ。今年は忘れないうちに馬券を買っておこう。父スウェプトオーヴァーボードにしても、かつてパドトロワが勝っているし、概してミスプロ系が走る傾向にある。

対抗には、昨年の勝ち馬ジューヌエコール。単穴に、高松宮杯で◎を打ったナックビーナス。中山成績が良い馬なので函館でも強い。10歳騸馬だが、得意の洋芝に戻って一変が怖いエポワスを押さえ。

◎ラインスピリット
◯ジューヌエコール
▲ナックビーナス
△エポワス

馬券は◎の単複と、◎と▲から馬連流し。

スクリーンショット 2018 06 18 16 27 56

〜回顧〜

やはり、平地重賞未勝利のジョッキーに◎を打ってはいかんな。それでも6着には残っているのだから馬はそれなりに強いのだろうが、森一馬が乗り続けるようならオープン特別で狙う位にしておこう。

勝ったセイウンコウセイは母父がボールドルーラー系で大系統としてはナスルーラ系。父が軽快なスピードを持つアドマイヤムーンということで、これは昨年の勝ち馬ジューヌエコール(クロフネ×母父母ボールドルーラー系)と相似。この傾向は今後も気に留めておきたい。

スクリーンショット 2018 06 17 16 07 23

~レース後のコメント~

1着 セイウンコウセイ(池添謙一騎手)
「最後は際どかったですが、よく凌いでくれました。この枠でしたし、しっかりスタートを切ってくれたので、主張して行きました。最後は詰め寄られましたが、よく頑張ってくれました。すごく乗りやすくて、力のある馬です。自分のレースができればと思っていました。復活のお手伝いができて嬉しいですし、良かったです」

(上原博之調教師)
「滞在競馬で気候も涼しく、いい状態でレースに臨めました。GI馬ですしホッとしています。暑さに弱いところがありますので、この後は馬の様子を見てオーナーと相談して、GIに向けて一度使うかどうか決めます」

2着 ヒルノデイバロー(四位洋文騎手)
「よく頑張りましたが、あそこまで行ったらかわしてほしかったです。悔しいです」

3着 ナックビーナス(三浦皇成騎手)
「リズム良く行けましたが、前が止まりませんでした。3番手でスムーズに、最後まで頑張ってくれています」

6着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「いつもは楽に行けるのですが、初めての洋芝の影響か、ずっと手を動かしての追走でした。直線はジリジリ伸びていますし、後半の方が走りはスムーズでした」

8着 ワンスインナムーン(石橋脩騎手)
「スタートを上手に出て、セイウンコウセイが行きたそうでしたから、行かせてレースを進めました。道中いい感じでしたが、直線で伸びあぐねてしまいました」

16着 ライトフェアリー(柴山雄一騎手)
「外の4番手できつい感じになってしまいました。自分の形にできなかったことが敗因と考えます」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。