2018ダービー〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

 

本命は、東京2400はやはりハーツクライ産駒ということで、グレイル。ここ一番で渾身の騎乗を見せる岩田に期待。血統表の奥、母母母父にシルヴァーホークを発見。ダービー好相性のロベルトとダンチヒを併せ持つ、この馬の最後の末脚に賭けてみたい。

対抗はダノンプレミアムで仕方ない。この馬も母系にロベルトとダンチヒを保持。唯一の懸念材料は皐月賞回避のステップだが、弥生賞でも3ヶ月間隔を開けて勝っているし問題無いと思える。

単穴にジェネラーレウーノ。皐月賞で先行し粘り切った底力は伊達では無い。はい、この馬もロベルト×ダンチヒですね。田辺の思い切った騎乗が嵌れば一発あるぞ。

押さえにキタノコマンドールとステルヴィオ。グレイルとともに皐月賞上がり最速をマークした、この2頭にデムーロ・ルメールが乗るのだから印は外せない。最後の押さえにワグネリアン。人気を落としたここで、福永の無心の騎乗が功を奏すかも。

◎グレイル
◯ダノンプレミアム
▲ジェネラーレーウーノ
△キタノコマンドール
△ステルヴィオ
△ワグネリアン

馬券は◎の単複と、◎から馬連流しと、▲からも馬連を流す。
三連複で、◎◯と、◯▲の2頭軸流し。

スクリーンショット 2018 05 28 12 30 59

〜回顧〜

これは素直に、福永祐一におめでとうと言っておきたい。思えば、キングヘイローの単勝馬券を握りしめて観戦したダービーからもう20年経ったのか。歳をとるわけだな。(苦笑)

キングヘイロー以降も、ワールドエースやエピファネイア、リアルスティールなど、何度かチャンスに恵まれたものの結果は出せなかった同騎手。普段の騎乗スタイルは、馬なりというか、アタリの柔らかい乗り味で、後方から差してくることが多いが、ダービーでは一転、ワグネリアンを先行させて、最後の直線でも気合の騎乗で皐月賞馬を退け優勝。今後、一皮剥けた福永が見れるかもしれないという期待を感じさせた。

馬券は見事にハズレ。まさか来ないよな、と思っていた2頭が掲示板に上がり、◎グレイルも14着では、ドモナラズ・・・。

スクリーンショット 2018 05 28 12 31 53

~レース後のコメント~

1着 ワグネリアン(福永祐一騎手)
「ゴール前、最後はもう気合いだけでした。勝ったのは分かりましたが、ゴールの瞬間もそのあと帰ってくる時も、自分がフワフワした感じになるのは初めての経験でした。これまでなかなかダービーを勝つことができませんでしたが、今日はスタッフの仕上げに馬がよく応えてくれました。これまで多くの人に勇気づけられました。ダービー制覇は父の悲願でした。良い報告ができそうです」

1着 ワグネリアン(友道康夫調教師)
「去年中京でデビューした時から「ダービーへ」と言っていました。皐月賞の時はテンションが上がるのを気にして調教は軽くしていましたが、ダービーはここを目標にしっかりやってきました。馬も応えてくれて、落ち着きもありましたし、馬体重もマイナス2キロでおさまりました。マカヒキの時とはまた違う、言葉にできない喜びです。福永騎手とは20年以上の付き合いで、ダービージョッキーへの想いも知っていたので、ダービージョッキーにしてあげたいという気持ちがずっとありました。今後は放牧に出して、夏、休ませます。その後は相談してこれから決めます」

2着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手)
「馬の状態が良かったです。ハナに行くという作戦は事前に先生とも話していました。できればもう少しペースを落としたかったのですが、それでもリズム良く行けて最後まで頑張ってくれました。距離は問題ありません。負けはしましたが、力のあるところはみせてくれました」

3着 コズミックフォース(石橋脩騎手)
「1コーナーでいい位置を取れて、2コーナーでペースが落ちましたが、自分で動いていける位置を確保することができました。リズム良く走れましたし、直線でも前の馬をかわせるかという感じで伸びてくれました」

4着 エタリオウ(H・ボウマン騎手)
「VTRを見て、前を残したレースもありましたが、(最後に)脚を使える気がしていました。溜めるレースをしたかったのですが、馬のデキが良くて、陣営には前にという話もありました。スタートが良くなくて、後ろから行くしかありませんでした。外枠で運がありませんでした。内枠なら勝ち負けになったと思います。ひょっとしたら勝てるかも、というところもありました。将来が楽しみです」

5着 ブラストワンピース(池添謙一騎手)
「レース前から唯一の不安だったゲートでがたついてしまい立ち遅れました。1~2コーナーでポジションを取りに行き、そこからはペースが遅くても折り合いはつきました。しかし、勝負所で前の下がってきた馬の影響でポジションが悪くなり、行き場を失ってしまいました。最後の1ハロンでいいところに出せてジリジリ伸びましたが、勝負所のロスが大きかったです。直線でいいところに早く出せていれば勝ち負けするぐらいだっただけに申し訳ありません。プラス10キロの影響もあったのかもしれません」

6着 ダノンプレミアム(川田将雅騎手)
「弥生賞と比べてよく我慢してくれました。具合も良く、今日を迎えられたと思います。2400メートルを良く我慢してくれました。ゴールしてからすぐ止まってしまうほど精一杯でした」

8着 ステルヴィオ(C・ルメール騎手)
「スローペースの中でも後ろから良い脚を使ってくれています。勝った馬との差はなかっただけに残念です。今日は前の馬が止まりませんでした」

11着 タイムフライヤー(内田博幸騎手)
「もう少し前の位置がほしかったです。リズム良く走っていましたが、伸びきれませんでした」

12着 キタノコマンドール(M・デムーロ 騎手)
「スタートは良かったのですが、二の脚が遅かったです。加えて道中ハミをかんでいて、瞬発力がいつもほどありませんでした」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。