2018ヴィクトリアマイル〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

ヴィルシーナとストレイトガールが連覇し、さらに遡るとウォッカとブエナビスタが2年連続で連対していることからリピーターレースとも言えそうだが、そもそもこれらの馬は牡馬の一線級とも好勝負をしてきた能力の高い馬。単純に昨年の上位馬をチョイスするのは違うかなと思う。好走血統は大枠ではマイルカップと似ていて、ヴァイスリージェント系保持の馬やダンチヒ系。サンデー系では器用な競馬ができるフジキセキ。ディープも当然強い。

直前までは、ヴァイスリージェント狙いでクロフネ産駒のアエロリットを馬券候補の筆頭と考えていた。言わずもがなの、昨年のマイルカップ優勝馬。秋華賞では良いところが無かったが、稍重となった桜花賞を除く、1600〜1800戦では連対率100%。牡馬混合戦の中山記念でも前々で強い競馬をしているし、ここは必勝体制。ただし、今日は昼ぐらいから雨の予想が・・・。稍重となるようなら、道悪実績のないこの馬は厳しそう。押さえに回すこととした。

本命は昨年の勝ち馬のアドマイヤリード。フジキセキ産駒が強い本レースだが、その本質は、馬群に揉まれても一瞬の反応の良さで抜け出してくる器用さがあるところ。本馬はステイゴールド産駒だが、その器用さに長けた馬。その馬に重得意のデムーロが乗るのだから、ここは勝ち負け。

対抗にリスグラシュー。牡馬相手の東京新聞杯をきっちり差し切り勝ちをしているし、やはり広い東京コースにハーツクライは合う。単穴に、母父クロフネのディープ産駒カワキタエンカを抜擢。ジョーカプチーノ、ケイアイエレガント、ミナレットと、東京マイルG1は、先行馬が穴を開けることが多い。昨日は大野狙いで馬券は取れなかったが、再度大穴を狙う。△にアエロリット。最後の押さえに、母父フジキセキをもつエテルナミノル。エンパイアメーカー産駒はダートという印象があるが、道悪なら出番があるかも。

◎アドマイヤリード
◯リスグラシュー
▲カワキタエンカ
△アエロリット
△エテルナミノル

馬券は◎の単複と、◎からの馬連。▲からも馬連を流す。

スクリーンショット 2018 05 15 13 31 34

〜回顧〜

むむぅ。前走の阪神牝馬Sと、昨秋のエリ女で◎としていたジュールポレールが優勝か・・・。これはしつこく狙い続けるべきだった。重馬場となったことで、母父フェアリーキング(=全きょうだいサドラーズウェルズ)の血が存分に発揮できたというところか。愚直でも、馬鹿の一つ覚えでもいいから、重馬場ではサドラー系の血を狙うべきだったな。そして3着のレッドアヴァンセ。先週のマイルCで取り損なった3着レッドヴェイロンの姉で、母エリモピクシー、母父ダンシングブレーヴ。稍重となったここでこそ狙うべきだった。やはりタフネスな馬場だと、重厚な欧州血統が走る。2着のリスグラシューにしてもハーツクライ産駒だからトニービンなので欧州血統と言えるし。重得意ステゴ産駒のアドマイヤリードを◎とするにしても、他の3頭はジュールポレール、レッドアヴァンセ、リスグラシューとしたBOX馬券くらいは買えないことには、血統予想屋の端くれにもなれないな。

スクリーンショット 2018 05 15 13 31 48

~レース後のコメント~

1着 ジュールポレール(幸英明騎手)
「重賞を勝てるチャンスがありながらなかなか勝たせることができず、今日はGIを勝てて本当に嬉しいです。最後は良い脚を使う馬なのでいつでも前の馬を交わせる位置でレースを進めました。直線では後ろの馬を警戒していたのですが、前の馬もしぶとく、最後は必死で追いました。もともと期待の大きかった馬ですし、この勝利をキッカケに大きなレースをこれからも勝てる馬だと思います」

1着 ジュールポレール(西園正都調教師)
「脚元の不安がなくなったのが一番の勝因でしょう。体重こそ以前と変わりませんが背丈が伸びました。成長を感じていました。サダムパテックの妹で期待していましたが、ようやくここで大きな仕事をしてくれました。レースでは思ったより位置が後ろでしたが、馬場のいい所を走れましたし、ジョッキーの好判断だったと思います」

2着 リスグラシュー(武豊騎手)
「良いレースはできましたが、あそこまで行ったのなら勝ちたかったです。外枠だったことが影響したと思います。それでも2着ですから立派な馬ですね」

2着 リスグラシュー(矢作芳人調教師)
「馬の状態はこれまでで一番良く、負けないだろうというぐらいの気持ちでいました。2着でしたがよく頑張ってくれました。馬に進歩、そして成長がみられますし、これからもっと良くなるでしょう。次走については馬の状態を確認して、できたら安田記念に向かいたいと思います」

3着 レッドアヴァンセ(北村友一騎手)
「具合が良くて、ゲートもしっかりと出てくれました。理想のポジションを取ることができて、直線も反応良く脚を使ってくれました」

4着 アエロリット(戸崎圭太騎手)
「形は良かったのですが、もう少しリラックスして走ってほしかったです。馬場が乾いていたら違った結果になったと思います」

5着 ミスパンテール(昆貢調教師)
「もう少し前で競馬をしたかったのですが、差のない5着ですから馬は頑張っています。課題だったパドックも大人しくて、少しずつ克服してきていると感じました」

7着 ソウルスターリング(C・ルメール騎手)
「精一杯走ってくれて、良いレースでした。ただ、直線で右にもたれてしまったので、そこが残念でした」

8着 アドマイヤリード(M・デムーロ騎手)
「良い競馬はできましたが、思っていたほど伸びませんでした。馬場を少し気にしていたかもしれません」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。