2018京王杯SC〜最終血断と回顧〜

府中1400で行われる京王杯SC。本レースに限らず、1400m戦は1400のスペシャリストを狙うのが基本。キレというよりは、スピードの持続力勝負になることが多いのがこの距離の特徴。血統的にピッタリなのがダイワメジャー。メジャーエンブレムやカレンブラックヒルが代表産駒だが、前々に付けて最後までスピードを落とさずに踏ん張る競馬に強いのがダイワメジャー産駒の真骨頂。次にフジキセキ。軽快なスピードと器用さが府中の1400にフィットする。当然、フジキセキの後継にあたるキンシャサノキセキも押さえておきたい。また、スピードの持続力なら忘れてならないのがストームキャット系。そしてボールドルーラー系もいいね。

以上を鑑みて、本命はダイワメジャー産駒のビップライブリー。1400成績は(3.5.1.2)と連対率80%超え。うち府中コースなら2戦全勝だ。その時の鞍上、穴男大野に戻って、ここは初重賞制覇に期待したい。

対抗はキンシャサノキセキ産駒ということでシュウジ。単穴には2017年高松宮記念勝ち馬のセイウンコウセイ。母父がボールドルーラー系だ。押さえに爆穴だがトウショウピスト。父がストームキャット系のヨハネスブルグで、母父がサクラバクシンオーでスピード強化されている。去年、同舞台となるオーロカップでも勝っており、内枠に入ったここは先行逃げ切りがあっておかしくないぞ。

上位人気のグレーターロンドンとサトノアレスは1400適正に欠けると見てバッサリ切る。武騎乗のダンスディレクターも後ろからでは届かないと見て消し。前に付けたら分からんが、外枠だし無理に前には行かないと思う。

◎ビップライブリー
◯シュウジ
▲セイウンコウセイ
☆トウショウピスト

馬券は◎の単複と、馬連は4頭BOXで。おまけで3連複4頭BOXも。

スクリーンショット 2018 05 15 13 29 40

〜回顧〜

武騎乗のダンスディレクターや、デュープ産駒のグレーターロンドンなど、上位人気をバッサリ切ったまでは良かったが、印を付けた馬もゴッソリ来なかったからどうしようもない。買ったムーンクエイクも、初重賞・初1400の割にルメールのせいか人気有り過ぎでこれは買えない。購入金額は抑えたものの、これはケンで良かった。それにしてもセイウンコウセイは走らなさ過ぎ。

スクリーンショット 2018 05 15 13 30 04

~レース後のコメント~

1着 ムーンクエイク(C.ルメール騎手)
「ラスト200mは3頭併せの中よく頑張ってくれました。少し掛かるところはありましたが、スピードはあるし、長く脚を使えます。タフな馬なので、1600m(安田記念)は合っています」

(藤沢和雄調教師)
「ペースが少し速くて、レースがしやすかったですね。厩舎に置いたまま、次は安田記念に向かう予定です」

2着 キャンベルジュニア(石橋脩騎手)
「状態がとても良く、かなり仕上がっていました。スタート後の馬の出はそれほど良くありませんでしたが、うまく対応してくれて、直線での加速は素晴らしかったです。そのまま押し切れれば良かったのですが、勝ち馬に目標にされていた分、最後は捕らえられてしまいました。素質は良いものをもっているので、今後も楽しみです」

3着 サトノアレス(蛯名正義騎手)
「初めての1400mということもあり、ポジションは取れませんでしたが無理せずに乗りました。次走の安田記念につなげる狙いでレースをしたところ、折り合いもついて良いレースができました」

4着 グレーターロンドン(田辺裕信騎手)
「1400mという距離に加えて、前半から流れたことで忙しかったです。レコード決着もこの馬にとっては厳しいですね。それでも、最後は良い脚を使ってくれました」

5着 ラインスピリット(森一馬騎手)
「いつもの通りゲートの速さを生かして、楽に2番手につけられました。そのまま良いリズムで行けて、最後まで差がなく頑張っています。スタートで躓いた前走は参考外として、着実に力をつけてきています」

6着 リライアブルエース(戸崎圭太騎手)
「とても乗りやすい馬で、クラスが上がってきても頑張っています。直線ではスムーズでないところもありましたが、最後までしっかり伸びています」

15着 ダンスディレクター(武豊騎手)
「道中の感じは悪くありませんでしたし、勝ち馬の後ろで折り合いもつきました。しかし、追い出してからの反応が一度もありませんでした。走りも硬いような気がしました」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。