2018ヴィクトリアマイル〜直前見解〜

ヴィルシーナとストレイトガールが連覇し、さらに遡るとウォッカとブエナビスタが2年連続で連対していることからリピーターレースとも言えそうだが、そもそもこれらの馬は牡馬の一線級とも好勝負をしてきた能力の高い馬。単純に昨年の上位馬をチョイスするのは違うかなと思う。好走血統は大枠ではマイルカップと似ていて、ヴァイスリージェント系保持の馬やダンチヒ系。サンデー系では器用な競馬ができるフジキセキ。ディープも当然強い。

ヴァイスリージェント狙いで、クロフネ産駒のアエロリットが馬券候補の筆頭。言わずもがなの、昨年のマイルカップ優勝馬。秋華賞では良いところが無かったが、稍重となった桜花賞を除く、1600〜1800戦では連対率100%。牡馬混合戦の中山記念でも前々で強い競馬をしているし、ここは必勝体制だと見ている。リスグラシューも牡馬相手の東京新聞杯をきっちり差し切り勝ちをしており当然有力。母父クロフネのディープ産駒カワキタエンカが不気味。東京マイルG1は、先行馬が穴を開けることが多いから印は押さえたい。昨年勝ち馬のアドマイヤリード。馬場が渋るならこの馬の出番だ。母父フジキセキをもつエテルナミノル。直前の見解では、この5頭を推す。

 

スクリーンショット 2018 05 13 10 36 55

 

「最終血断」は以下のメルマガで。昨年秋のG1で連戦連勝だった、伝説の馬券師、白猫師匠の予想も読めます。

『伝説の有名馬券師の覆面予想 低価格!データに逆らえば馬券は取れる』

(月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。