2018天皇賞・春〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

血統的には、ハーツクライ産駒のシュヴァルグラン・チェスナットコート・カレンミロティックの3頭と、ステイゴールド系のレインボーラインとガンコの2頭をまず中心視したい。

このうち本命はチェスナットコートとした。天皇賞・春はスタミナは勿論だが、最後の直線で駆け抜けるスピード能力も必要。ハーツクライ自体にスタミナがありすぎるため、母父にはスピード感に溢れる配合が合う。母父クロフネなら十分でしょう。実際ここ4戦で上がり最速を計時している。鞍上の蛯名も関東のジョッキーとしては一番京都コースを乗れている。久々にG1ハンターとして勝ち名乗りをあげてもらいたい。枠も1枠2番と好位置。近5年の優勝馬は全て内枠だし、カレンミロティックの激走も内枠だった。道中は後ろで我慢し、3角の下り坂からスピードを乗せて捲ってきて直線ズバッと差し切りを決めてくれることを期待。

対抗には同じハーツクライ産駒のシュヴァルグラン。2年前の天皇賞・春では、ボウマン騎乗のフェイムゲームを本命として大勝負の末に大コケしたが、昨年ジャパンCで◎シュヴァルグランが激勝し、借りを返してもらった。ここも大いに期待されるが、この馬はどちらかと言えば春先よりは秋に強い馬。前走も負け過ぎかなと。持力で2・3着には来てもアタマは無いかと見ている。

逆に1着があるならステイゴールド産駒のレインボーラインの方と考え、こちらを▲。母父にフレンチデピュティが入って天皇賞・春に必要なスピード要素が補強されている。

押さえにガンコ。持ち前のスタミナで前々での粘り込みがあっておかしくない。もう一頭、クリンチャー。上がりがかかるような展開になればこの馬の浮上がある。最後に10歳騸馬カレンミロティック。

◎チェスナットコート
◯シュヴァルグラン
▲レインボーライン
△ガンコ
△クリンチャー
△カレンミロティック

馬券は◎の単複と、◎から馬連・ワイド流し。押さえで▲からも馬連を流す。

スクリーンショット 2018 05 01 10 16 34

〜回顧〜

◎チェスナットコート、初58kgを背負って、初G1挑戦での掲示板は立派なのではないだろうか。4角では、もしやそのまま弾けるかとも思えたが、流石にそうはいかなかった。今年4歳の馬だし、来年の天皇賞春が楽しみだ。勝ったのはレインボーライン。1着があるかもと考えて単穴にし、▲からの馬連も流すつもりだったが、直前で気が変わり、◎◯の3連単マルチへ変更してしまった。結果、◯▲の馬連が痛恨の抜け。おいおい、この馬連、1番人気で1,030円も付いたのかよ。人気が割れていたとは言え、これは付き過ぎでしょう。これは押さえておくべきだった。それにしても久々にG1で岩田のイン突き炸裂、見事だったな。

スクリーンショット 2018 05 01 10 16 56

~レース後のコメント~

1着 レインボーライン(岩田騎手)
「嬉しいのは嬉しいですが、馬がゴールを過ぎて、歩様に”オッ”と思って下馬しました。右の前脚です。距離を走っていますし、痛そうでした。(ゴール前は)何とか届いてくれるのではないかと思って追っていました。出入りの忙しいレースにうまく対応してくれました。無事に次も出走出来ればいいと思います」

(浅見秀一調教師)※JRA京都広報室発表
「着順は最高でしたが、レース後の馬の状況が状況なので、心苦しいです。次に向けて何とかケアしてあげたいと思います」

2着 シュヴァルグラン(ボウマン騎手)
「この馬らしいレースはしました。前にいた馬を早めにつかまえに行こうとしたというか、ファイトして行きましたが、ファイトする相手がすでに先頭になっていました。フワフワしているうちに後ろに差されてしまいました。仕方がありませんが、能力は出しました」

3着 クリンチャー(三浦騎手)
「ゲートを出て、リラックスしていましたし、気分良く運べました。3~4コーナーで前にもぐり込みたかったのですが、その通りに行きました。前2頭には負けましたが、いい競馬が出来ました。今後も楽しみです」

(宮本博調教師)
「満点に近い乗り方をしていました。しかし、前に2頭いました。今後は放牧に出して、フォワ賞から凱旋門賞に向かいます。鞍上は武豊騎手の予定です」

5着 チェスナットコート(蛯名騎手)
「58キロは初めてでしたし、いい経験になったと思います。まだ体の線は細いですし、軽い斤量しか背負ったことがありません。苦しくてモタれていました。斤量慣れしないといけません。ポジションを取るので精一杯でした」

7着 スマートレイアー(四位騎手)
「調教師の指示で、ポジションを取らず折り合い重視のレースをしました。最後もよく来てると思います」

8着 アルバート(ルメール騎手)
「レースがスムースではありませんでした。向正面からポジションを上げたかったのですが、内の馬に外へプッシュされて、外過ぎてしまいました。よく走ってくれましたが、最後は残念でした」

9着 シホウ(浜中騎手)
「スタートしてこの馬のペースで最後までバテずに頑張ってくれました」

10着 ヤマカツライデン(松山騎手)
「自分の競馬は出来たと思いました。最後もバッタリ止まったのではないですが、切れ味のある差し馬に負けてしまいました」

12着 サトノクロニクル(川田騎手)
「この馬が勝ちにいく競馬を組み立てました。精一杯頑張ってくれたと思います」

14着 ガンコ(藤岡佑騎手)
「シュヴァルグランが動いて行った時に、あれは受けなければいけないので行きました。使い詰めで来たので苦しくなるところを見せていましたが、4コーナーで先頭に立つレースをしてくれたので頑張っていると思います」

16着 カレンミロティック(池添騎手)
「向正面でペースが上がってからきつくなりました。よく頑張ったと思います」

17着 トミケンスラーヴァ(秋山騎手)
「頑張っていると思います。自分の競馬は出来ました」

 

 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。