2018天皇賞・春〜展望〜

近年の天皇賞・春で第一に注目したい血統はハーツクライ。勝ち馬こそ出ていないが、シュヴァルグランが2年連続で馬券に絡み、他にもウィンバリアシオン、フェイムゲーム、カレンミロティックが人気の有無に関わらず好走している。

今年の出走馬は、カレンミロティック・サトノクロニクル・シュヴァルグラン・チェスナットコート。カレンミロティックは今年10歳の騸馬。流石にもう無いだろ・・・、と思わせておいてまさか来たりして。サトノクロニクルはどうなんだろ。阪神大賞典で2着だったが本来は中距離の馬のような気がする。シュヴァルグランは今や主戦と言ってもいいボウマンに戻って勝負気配が漂うな。チェスナットコートは条件戦を連勝後、前走重賞初挑戦で2着と結果を見せた馬。ハーツクライ産駒は一度覚醒すると一気に上り詰めることがあるから、この馬は怖いかもしれない。

ステイゴールド産駒も、フェノーメノの連覇やゴールドシップの優勝が有り侮れない。直仔としては阪神大賞典勝ちのレインボーライン。岩田は近頃G1勝ちから遠ざかっているが、ここは外せないな。そしてナカヤマフェスタもステゴ産駒なのでガンコも押さえておきたい。昨年からずっと使い詰めで来ているが、流石にディクタス系×サドラー系はタフネスだ。

クリンチャーは、騎乗停止の武から三浦に乗り替わり。何度か三浦のG1初勝利に賭けて本命にしたことはあるが、いつも不甲斐ない結果だった。馬場は悪くはならなさそうだし、ここは軽視したいが押さえの印は付けようかと思っている次第。

デムーロ・ルメールの馬が外枠に入った。天皇賞・春は内枠有利。騎乗次第で枠の不利を一気に覆すのがこの2人だが、馬の総合力を併せ見ると、馬券に絡むまでは行かないと見ている。

という訳で、枠順が決まった木曜日の時点での候補は以下の5頭。

 

スクリーンショット 2018 04 26 16 45 00

 

「最終血断」は以下のメルマガで。

『伝説の有名馬券師の覆面予想 低価格!データに逆らえば馬券は取れる』

(月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。