2018アーリントンC〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

最初はケンでいいかなと思っていたが、重馬場となりそうなので、懲りずに穴馬の爆走に期待してみたい。本命はウォーターパルフェ。稍重と重の成績が(1.2.0.0)。ルーラーシップ自体が重馬場が得意だったし、キセキが勝った菊花賞もご存知の不良馬場。逃げて上手い騎乗を見せる酒井学Jに久々の重賞勝ちを期待したい。酒井学って、もう38歳なのね。サンダルフォンでの北九州記念勝ちが懐かしい…。

以下の印も重馬場を考慮し、対抗には母母父サドラーズウェルズのタワーオブロンドン。単穴にステイゴールド産駒のインディチャンプ。単穴にデムーロのレッドヴェイロン。最後に、稍重で2勝しているパクスアメリカーナ。

◎ウォーターパルフェ
◯タワーオブロンドン
▲インディチャンプ
△レッドヴェイロン
△パクスアメリカーナ

馬券は◎の単複と、◎から各印へ馬連・ワイド。勝負度はE。

スクリーンショット 2018 04 17 15 14 44

〜回顧〜

もうちょっと先行して欲しかったな、酒井学。なんだかゴチャゴチャしているうちにレースが終わってしまった感、満載。中山のグランドJの方が面白かったぞ。ウオーターパルフェなんぞ狙わずに◯▲△△の4頭ボックス3連単で良かったのか。むう。

スクリーンショット 2018 04 17 15 15 35

~レース後のコメント~

1着 タワーオブロンドン(C・ルメール騎手)
「スタートはあまり良くありませんでした。リラックスしてほしかったですが、だんだんハミを取ってからリラックスしました。最後はいい脚を使ってくれました。とてもスピードのある馬なので、1200mがベストだと思っていました。しかし、今日は外回りで楽に勝ちました。また1600mもいけると思いますが、リラックスして走らなければいけません」

2着 パクスアメリカーナ(川田将雅騎手)
「内枠でつつまれる競馬となりましたが、いい経験になったと思います。2着でしたが相手が強かったですね。とにかくいい経験になりました」

3着 レッドヴェイロン(M・デムーロ騎手)
「勝ち馬が強い。相手が強いですね。勝ち馬の後ろについていったのですが、突き放されてしまいました」

4着 インディチャンプ(岩田康誠騎手)
「気が勝っている馬です。前に行っている分、脚をなくしてしまいました」

5着 ダノンスマッシュ(北村友一騎手)
「今日はスムーズにリズム良く競馬をさせたいと思っていました。折り合いもスムーズでしたし、ポジションも良かったのですが、ジリジリとしか伸びませんでした」

10着 エアアルマス(福永祐一騎手)
「休み明けで太め感はなかったですが、伸びはなかったですね。次は息のもちも違ってくるでしょうし、力のある馬ですから巻き返してもらいたいです」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。