2018ニュージーランドT〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

マイル戦だが、短距離志向の馬が強い傾向にあるレース。本命はマル外、リョーノテソーロ。ジャストインフィリップとは聞かない種牡馬だが、ストームキャット系なので中山マイルは合う。ダート3戦を経た後、東京1400のオープンで上がり最速を使って優勝している。対抗はカシアス。父キンシャサノキセキは高松宮記念を連覇した馬。函館2歳S含む、函館1200コースで2勝している。単穴にカツジ。母メリッサは、小回りの小倉1200で2勝している馬だ。連下の1頭目にペイシャルアス。中山コースだと、どうしてもロベルト系が気になる。1200の実績もあるし押さえておきたい。もう一頭はデルタバローズ。ストームキャット×ダンチヒというスピード血統なので。

◎リョーノテソーロ
◯カシアス
▲カツジ
△ペイシャルアス
△デルタバローズ

馬券は、◎の単複と、◎から馬連流しと、今回は◯からの馬連流し。

スクリーンショット 2018 04 10 17 15 25

〜回顧〜

「短距離志向の馬を狙う」という観点は良かったのかもしれないが、最後でババを引いてしまった。勝ったカツジの母父はダンシングブレーヴ系。この系統の馬は、思い切って前々に付けての粘り込みか、最後方からドカンとか、思い切った競馬をすると怖い馬が多い。シルポートが前者で、キングヘイロー産駒のマヤノリュウジンが後者にあたる。カツジはこれまで先行型だったが、今回のような競馬が出来るなら、今後は坂のあるコースでの後ろからドカンが怖いな。種牡馬は違うが、サンカルロのイメージ。

スクリーンショット 2018 04 10 17 16 14

~レース後のコメント~

1着 カツジ(松山弘平騎手)
「接戦でしたが、勝ってくれて良かったです。スタートは五分に出ましたが、自分から進んで行かなかったので、馬のリズムを大事にしてじっくり運びました。普段から凄く良い馬で、何とか早く結果を出したいと思っていましたし、今日も外に出してから凄く良い伸びを見せてくれました。次も乗せて頂けるなら全力で頑張りたいですね。まだまだ成長途上ですし、良くなってくると思います」

(池添兼雄調教師)
「ちょっとヒヤッとしましたが、良い脚を使ってくれましたね。いろいろな競馬が出来ると思いますから、(次も)楽しみです。(ジョッキーは次も乗せて頂けるなら、と言っていたことについて聞かれて)もちろん次も松山騎手です」

2着 ケイアイノーテック(戸崎圭太騎手)
「良い感じで走ることが出来ました。1回前に出られた時に盛り返していましたし、どっしりした良い馬です。まだこれから成長しそうです」

3着 デルタバローズ(大野拓弥騎手)
「リラックスして臨めました。スタートして1ハロンを過ぎてからスムーズに行けて、直線に向いた時の手応えは勝つかと思わせるほどでした。精神的にコントロールが効けばこれくらい走れる馬です」

4着 ゴールドギア(武藤雅騎手)
「オーナーと調教師とレース前に、後ろから脚を溜める競馬をしようと相談していました。こういう競馬がこの馬に合っているのだと思います」

8着 リョーノテソーロ(吉田隼人騎手)
「勝負どころの反応が良くありませんでした。初めての右回りが原因なのか、後方から進めたことが合わなかったのか、はっきりとした敗因は分かりません」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。