2018大阪杯〜最終血断と回顧〜

本命はペルシアンナイト。とにかくハービンジャー産駒は内回りの2000が大得意。前走・中山記念での5着が嫌われて人気を落としたところが逆に狙い目。実はこの馬は間隔が空くとよろしくない馬。ダービーの7着は別としても、富士Sでは直線で前が開いたにも関わらず伸びに欠いたり、中山記念でもスタートで出遅れて反応の悪いところを見せたが、どちらも3ヶ月以上の休み明けだった。デムーロがスワーブリチャードの方を選んだのは仕方ないことだが、それも人気を落としてくれることに一役買っているから良しとしよう。福永Jがここで勝てば、牡馬中距離G1は、ジャスタウェイ以来の5年振りの戴冠。期待したい。

対抗にはスワーブリチャード。本格化したハーツクライ産駒には逆らいようがない。右回りが懸念されているが杞憂に終わるものと思える。単穴にサトノダイヤモンド。調子が悪いと言われた前走の京都記念でも、最後は上がり最速をマークしており、ここは巻き返しがある。押さえの筆頭に皐月賞馬のアルアイン。当初は消しも考えていたが、阪神芝2000で圧倒的に強いディープ産駒、しかも芝2000G1馬を軽視しては痛い目に合うと思い、印を回した。最後に上がり馬トリオンフ。連勝してきているデカイ馬ということでアタマは無くても2・3着までならどうか。

シュヴァルグランの目標はあくまで天皇賞・春と見て消し。AJCCの1・2着馬のダンビュライトとミッキースワロー。共に元気一杯の4歳馬ということで気になるが、両馬とも宝塚記念の方が適性が合いそうなので、今回は無印とした。

◎ペルシアンナイト
◯スワーブリチャード
▲サトノダイヤモンド
△アルアイン
△トリオンフ

馬券は◎の単複と、◎から馬連流し。

スクリーンショット 2018 04 01 10 36 47

〜回顧〜

ハービンジャー産駒は、やっぱり内回り2000で走るな。福永とも手が合ってた感じ。うまく内で我慢して抜け出せた。上がり最速の33.7を計時したが、前のスワーヴリチャードには届かず。デムーロ上手すぎだよ。ハーツクライ産駒はこれまで、広い東京コースでしかG1勝ちが無かったが、昨年のホープフルSタイムフライヤーの勝利に続き、阪神でも戴冠となった。まあ、ホープフルSはG1なのかどうかは微妙なわけだが。

スクリーンショット 2018 04 02 6 23 43

~レース後のコメント~

1着 スワーヴリチャード(M・デムーロ騎手)
「良い手応えでしたし、本当に良い脚を使ってくれました。有馬記念はペースが遅くてもたれていましたが、今回も遅ければ早めに外に出そうと思っていました。直線も良い手応えで、有馬記念では替えなかった手前を替えて伸びてくれました。思った通り良い馬です。次も楽しみです」

2着 ペルシアンナイト(福永祐一騎手)
「よく頑張ってくれました。内で我慢して、狭い所から良い形で抜け出すことが出来ました。イメージした形でレースをして、2000mも問題はありませんでした。最後まで差をつめてくれましたが、1頭強い馬がいました」

3着 アルアイン(川田将雅騎手)
「全体的に見れば自分の競馬は出来たと思います。最後につかまえられる雰囲気はあったのですが、追いつけず苦しくなりました。精一杯馬は頑張ってくれました」

6着 ダンビュライト(浜中俊騎手)
「よく頑張ってくれています。ヤマカツライデンの後ろで、良い形で運べました。勝ち馬が上がって行ったときに離されてしまいましたが、大きくはバテませんでした」

7着 サトノダイヤモンド(戸崎圭太騎手)
「内枠でスローペースになり、3~4コーナーではゴチャついていて、展開が向きませんでした」

13着 シュヴァルグラン(三浦皇成騎手)
「意外なペースの競馬となり、自分のリズムを取りたいと思った時、他が動いてこの馬のリズムで行けませんでした。3コーナーでは手応えがあやしくなりました。流れもこの馬に向きませんでした」

14着 マサハヤドリーム(北村友一騎手)
「上手に折り合いをつけられましたし、よく伸びてくれていますが、相手が強かったですね」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。