2018大阪杯〜直前見解〜

阪神芝2000m、過去5年の種牡馬成績は以下。

スクリーンショット 2018 04 01 10 54 03

ここでもディープが優勢。大阪杯では、14年1着キズナ、15年1着ラキシス2着キズナ、16年1着ンビシャス、17年2着ステファノスと好調。無理に逆らうのは禁物と言えそう。アルアイン、サトノダイヤモンド、サトノノブレス、スマートレイアーの4頭が出走だが、後者の2頭は年齢的に割引たい。

ディープとキンカメの両巨頭が圧倒的なのは置いといて、これに続くのはステイゴールドやハーツクライ、マンハッタンカフェなどの長距離に強いサンデー系の種牡馬。ステゴ産駒では中山記念勝ちのウインブライトが出走だが、G2・G3止まりの馬とにて軽視。ハーツクライ産駒からはスワーブリチャードとシュヴァルグランが出走。後者の目標は春天でしょう。ここは消す予定。

後に続くのはハービンジャー産駒。内回り芝2000で走りまくるハービンジャー産駒。皐月賞2着のペルシアンナイトが出てきたが、鞍上がデムーロから福永に乗り替わり。デムーロがスワーヴリチャードの方を選んだわけだが、逆に人気が落ちそうなここを狙い撃つのも有りかも。

急死してしまったタートルボウル産駒のトリオンフが、前走小倉のG3を勝ち上がってここに駒を進めてきた。アタマは無くても2〜3着なら有るのかな。

という訳で、取り上げたい馬は以下の5頭。

スクリーンショット 2018 04 01 10 35 23

「最終血断」は以下のメルマガで。

『伝説の有名馬券師の覆面予想 低価格!データに逆らえば馬券は取れる』

(月途中からサービス利用を開始された場合も、その月に配信されたメールマガジンのすべての記事を読むことができます)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。