2018スプリングS〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

ホープフルS勝ちのタイムフライヤーが若葉Sで圧倒的人気を裏切った。ホープフルS組はいかにも狙いにくい雰囲気だが、ここは逆張りしてみよう。

本命はスクリーンヒーロー産駒のルーカス。1800に戻り巻き返しを期待したい。対抗にルメールのステルヴィオ。単穴にローエングリン産駒のハッピーグリンを抜擢。同産駒のロゴタイプもここを勝っているし、中山適性はあると見ている。

◎ルーカス
◯ステルヴィオ
▲ハッピーグリン

こちらも勝負度はDで、単複と馬連ボックス。

 

スクリーンショット 2018 03 19 13 23 06

 

〜回顧〜

うーん、ルーカス原因不明の凡走。血統的に見ると重いような気もするのでクラシックでは走らないのかもしれん。古馬になってからの活躍を待つことにしようか。

スクリーンショット 2018 03 19 13 32 51

 

~レース後のコメント~

1着 ステルヴィオ(C.ルメール騎手)
「この馬は最後にすごく良い脚を使います。良い瞬発力があります。去年はまだ体が全体的に緩く、位置取りが後ろになっていました。今年はそうした面がなくなりいい位置でレースができるようになりました。初の中山コースもリズム良く走れました。距離が200m伸びても問題ありません」

2着 エポカドーロ(戸崎圭太騎手)
「良い感じでいけたのですが、僅かに及びませんでした。ただ乗りやすくて良い馬です」

3着 マイネルファンロン(柴田大知騎手)
「ゲートを練習していたおかげで今日はうまく出られました。1800mで前に行かせようと思っていたので、ある程度のポジションを取りに行ったところ力んでしまいました。もう少しフワッと折り合いをつけながら走れたら良かったのですが、それにしても3着に残っているから強い馬ですね」

4着 バールドバイ(北村宏司騎手)
「スタートを出てからロスなく行くことができて、4コーナーの手応えもよかったです。ただ直線でよれてくる馬がいたので、そこが少し影響したかもしれません。あの差だっただけに残念です。まだ完成しているわけではないですし、伸びしろはまだまだありそうです」

5着 レノヴァール(北村友一騎手)
「1コーナーで人気の2頭が前にいたので、そこを見ながらレースを進めました。4コーナーで勝った馬はスッと反応していましたが、こちらは馬場の悪いところに脚をとられ反応しきれませんでした。馬場の悪いところでもエンジンがかかるようになればもっと良くなります。ただ、新馬戦の時以来この馬に乗りましたが、とても成長を感じました」

9着 ルーカス(M.デムーロ騎手)
「返し馬の時は良くて、全体の状態も良い感じでしたが、レースではうまく反応できませんでした。もしかするとメンタル面なのかもしれませんが、明確な敗因はわかりません」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。