2018フラワーC〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

先週の中山牝馬Sで、「デカイ馬、体重の重い馬を狙う」作戦を使ってみたが、このフラワーCが正にその傾向が当て嵌まるレース。サクラプレジール・バウンスシャッセ・アルビアーノ・エンジェルフェイス・ファンディーナなど、過去の5年の優勝馬はどれも500kg前後の馬だった。また3歳牝馬限定戦では初となる1800以上のレース。距離経験も重要。

本命はロックディスタウン。前走の阪神JFでは人気を裏切ったが、1800に戻ったここは巻き返しが必至。ルメールから池添に替わったが、オルフェ産駒をきっちりとエスコートしてくれるだろう。

対抗にはデムーロのカンタービレ。1800経験と母父サドラー系のタフネスさを買う。単穴に、内枠に入った先行馬ノームコア。新馬戦で小回り福島1800の勝ちがある。押さえにはデカさを見込んで大穴カラリエーヴァ。穴男江田照男でまさかの逃げ残りがあるかも?

◎ロックディスタウン
◯カンタービレ
▲ノームコア
△カラリエーヴァ

馬券は◎単勝と、◎から各印へ馬単。

 

スクリーンショット 2018 03 19 13 22 02

 

〜回顧〜

まさかロックディスタウンがあんなにかかってしまうとは。確かにスタート直後に接触はあったものの、精神的に幼すぎるでしょ。当初、本命に考えていたデムーロの方が突き抜けてしまい、脱力感、満載。

スクリーンショット 2018 03 19 13 20 12

 

~レース後のコメント~
1着 カンタービレ(M・デムーロ騎手)
「この前も良いレースをしてくれたので、今日は自信を持って乗りました。スタートも良く、良いポジションを取ることが出来ましたし、前走に比べて、ずいぶんと落ち着いて走っていました。今日のように落ち着いてレースが出来れば距離が延びても大丈夫だと思います」

1着 カンタービレ(角居勝彦調教師)
「今日は落ち着いて走ってくれました。ここまで厩舎においてじっくりと調整していたので、こんなに(-6キロ)体が減っているとは思いませんでした。その点が今後に向けての課題です。ジョッキーからも『馬が細くなって一息入れたほうが良いかも』と話があったので今後は未定です」

2着 トーセンブレス(加藤征弘調教師)
「4コ-ナーでもたついてしまったのはレース間隔が開いていたからだと思います。それでもまずまず伸びています。今後は桜花賞に登録しますが、出られないと思うのでNHKマイルCを目標にしようと思います」

3着 ノームコア(北村宏司騎手)
「返し馬と比べてレースでは落ち着いていました。最後まで頑張っていました。休み明けとしては良い内容でした」

4着 ウスベニノキミ(内田博幸騎手)
「気が良すぎる馬なので、出たところでジッと我慢させようと考えていました。道中はこの馬のリズムで行けて、最後も伸びています。クラスが上がっても本当に頑張っています」

5着 ファストライフ(大野拓弥騎手)
「今日はスタートをしっかり出てくれました。勝負どころの反応は良くありませんでしたが、最後もうひと伸びしてくれました」

6着 メサルティム(石橋脩騎手)
「抜群のスタートを切ってくれました。返し馬の時にボコボコした馬場を気にしていたので道中は内にこだわらず外に出しました。4コーナーの手応えは良かったのですが、手応えほど伸びてくれませんでした。ただ素直でとても乗りやすいです」

13着 ロックディスタウン(池添謙一騎手)
「スタートして隣の馬と接触してしまい、そこから力んでしまいました。道中も頭が高く、窮屈になるシーンもありました。それが影響して4コーナーでペースが上がった時についていけませんでした。パドックや返し馬では我慢してくれていたのですが、うまくレースを運べず申し訳ありませんでした」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。